« 最後の運動会 | トップページ | 半身浴読書~66~ »

2006.10.09

半身浴読書~65~

022474070000 『卵の緒』 / 瀬尾まいこ、読了。

この本には、『卵の緒』と『7’s blood』の2作品が収められている。どちらも血縁だけじゃない家族の話だ。

それにしてもこの人の作品に出てくる少年は、ものすごくいい子なんだけど、それはなぜ?

少年に限らず男性は、ほっとんどいいやつでなんか嘘くさい。

そして女は、二通り。思慮が浅くてちょっと暗めか、裏表のない行動的なネアカタイプ。

『図書館の神様』『幸福な食卓』と、最初に読んだ2つの作品は、すごく面白いと思ったけど、4作目となるともうちょっとひねった人物像が欲しいと思ってしまうんだよね。

特に、この本と平行して『化身』を読んでいたので、美化された男像に少々胡散臭さを覚えてしまったのでした。

ストーリーも現実的じゃなく、かといって漫画的でもなく、共感したり笑えたりする部分が少なかった。

唯一なんかわかるって思ったのは、『7’s blood』の七子が隣の席の男の子とだんだん親しくなっていく過程。

私も積極的に話しかけてくる男の子より、黙って話を聞いてくれる男の子の方が好きだったから、七子が少しずつ隣の席の子に惹かれていく気持ちがわかる。エネルギーをぶつけてくる男の子より、波のない海のように静かに寄せては引いていくような男の子・・・・その方がきっと、癒されるんだと思うな。

|

« 最後の運動会 | トップページ | 半身浴読書~66~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/12217712

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~65~:

« 最後の運動会 | トップページ | 半身浴読書~66~ »