« たまには仕事関係?の本も | トップページ | 半身浴読書~61~ »

2006.09.11

女心はフクザツなのです

やっぱ,男の子だったねぇ.親王様のご誕生おめでとうございます

この親王様が皇位を継承される可能性は相当高くて,きっとそういうことになるでしょうけど,なんなの?このすっきりしなさ気分は?

それはきっと私の感情が雅子様に移入しちゃってるからだ.

皇室と一般家庭はまるで別物だけど,やはり雅子様は長男の嫁で,紀子様は次男の嫁なわけです.雅子様は本家の跡取り息子と結婚して,紀子様はあくまでも分家です.

現状を庶民の言葉でぶっちゃければ,長男(本家)の嫁が体を壊すほど頑張ったのに,家督相続は次男(分家)に持っていかれちゃう的な,なんかこう長男の嫁が苦労しただけ損みたいな・・・.そんな風に見えちゃうんだよな。

もちろん秋篠宮様がそいうことを望んでいるんじゃないのは明らか.紀子様が命をかけて皇位継承できる宮様を産んでくださったのは,誰のためでもない私たちのためなんだから.

・・・・・

思えば雅子様がご結婚されたとき,一人で生きていける力を持った女性が,皇太子様とどのような夫婦の関係を作っていかれるのか楽しみだったし,伝統ある皇室の中に新しい風を吹かせる様子を想像したと思う.

同世代の女性は雅子様に自分を重ね,男に庇護されるだけの存在でない自立した大人同士の結婚をイメージしたんだと思う.

そしてそれからお子様に恵まれない数年間を経て,愛子様ご出産後の涙を見た私たち女性は,雅子様のつらさを自分のことのように感じてしまった.(そうじゃないという女性もいらっしゃるでしょうけど)

だから、親王様がご誕生になったあとでも世論調査で女性天皇を容認する人が多いのは、きっと女性天皇を認めたいとか女系でもいいんだとかそういうことじゃなくて、女は本家の嫁としての雅子様の立場に自分を置いてしまうんじゃないだろうか?

(そんなことは絶対ないんだけど)雅子様が外交官という夢を手放してまで天皇家に嫁がれたことが報われないような悔しさを感じてしまうのだ.

でも,そんなことを思っているのは私だけで,皇太子様や雅子様は、愛子様を女帝にするより、宮家から解放してあげたいと考えているかもしれないけどね。

|

« たまには仕事関係?の本も | トップページ | 半身浴読書~61~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

具合いかがですか?
季節の変わり目は、また大変ですが、無理せず頑張ってくださいね。

私も同じように思っていました。なんとも複雑というか・・・。雅子様に感情移入しながら、納得できない気持ちというか。「長男の嫁」としての辛さ・大変さがあって、それを「次男の嫁」が手柄取りしている感じが・・・。なんて思ったらいけないよなあと。心から祝わないとなあと。
雅子様の心の重荷が少しでも軽くなるといいのですが・・。

投稿: ぐーたん | 2006.09.11 11:18

私の場合、義父から「墓を買いたいけどどうしたらいい?」と相談され、夫が「どうせ、朽ちていく運命にいく墓なのだから、どうでもいいだろ」と言い返し、親子喧嘩になりそうになったところで、私が自ら「すいません、墓守が産めなくて」と仲裁に入った経験があります。そこで、向こうの家族は「ちゃいさんが悪いんじゃないんですよ。これからは夫婦別姓になるかもしれないし、娘さんたちが養子もらうかもしれないし」とわけのわからない未来論でなぐさめられ、「結局悪いのは私なんじゃン。『夫も半分責任があるんだから』とは誰もいってくれないのね?」なーんて、被害者意識を爆発させていました。

個人的な話が長くなりましたが、だから、今回のおめでたムードに「私も男を一人でも産んでいたらこんなに祝福されていたりして」なんて、またもや被害者意識ひとしきりです。皇室と自分を同じにしちゃうところが、私らしいでしょ??(私も雅子様と同じく流産してますからね)

ともあれ、ととさんの最後の文章のように雅子様「愛子様が宮家から解放されてラッキー」と思っていてくれたら、それがいいような気がします。

投稿: ちゃい | 2006.09.11 13:48

このハイペースな更新ぶり、目の方は回復されているのでしょうか。まずはよかったです。

予想はできたけど、男の子が生まれたとたんに改正議論が先送り、という展開には少々不愉快になりました。一人生まれたとはいえ、やはり長男の嫁の雅子様に男の子を産んでほしい、というプレッシャーはそう簡単になくならないのではないかと思います。
ならばいっそ女系天皇を認めて彼女を楽にしてあげたいなあとも思うわけで。

その一方で同じ親としてはわが子は天皇という重責からは解放されるわけだからそのままでもいいじゃないか、という気もするし。

うーむ、難しい…庶民でよかったよ私(まあ誰も私にそんなこと求めてないですね 笑)

ちなみに私、たいたいが生まれたときのお宮参りで、ちいちいの時は無関心だった義父がやたら仕切りたがったことにかなり腹を立てた記憶があります。あちらは天皇家という特殊な状況とはいえ、女子と男子に待遇の差があまりにあるのは個人的にすごーく嫌なんだよなあ…

投稿: たいち | 2006.09.11 23:09

>ぐーたんさん

コメントありがとうございます。
なかなかお返事できなくてごめんなさい。

やっぱり同じような気持ち、持ってらっしゃいました?女は自分が長男の嫁かどうかなんて関係なく、似たような感情を持ってしまうでしょうね。

まぁ、家督が本家から分家に移るというのは、世が世ならお家騒動ともいえるくらい感情のわだかまりができやすいことではあります。

私は雅子様がもっと自由に行動できるようになって、その生き生きとした活動を私たち国民が目の当たりにできるようになれば、違和感なく新宮様の皇位継承を喜べると思います。ダイアナ妃のように、ボランティア活動などで海外で颯爽と活躍するなんていうのもいいですね。そこに愛子様も参加して、将来雅子様が皇后陛下になられて自由に動きにくくなったら、代わって愛子様が活躍するなんていう姿を想像すると、こっちまでわくわくしてしまいます。
・・・・無理なのかなぁ?

投稿: とと(>ぐーたんさん) | 2006.09.14 21:15

>ちゃいさん

コメントありがとうございます。

コメントが実にちゃいさんらしくて、ついニコニコしちゃいます。ふふ。

それにしても親子喧嘩の仲裁には参っちゃいますね。男たちは、そういう話を出すこと自体が女を暗に責めていると気づかないのでしょう。(気づいてやっているのなら、酷すぎる)

そのあとのわけのわからない未来論にも、噴出しちゃいました。そういう人自身が、夫婦別姓に反対だったり、息子を養子に出すなんてとんでもないって考えがちなんじゃないかとも思ったりして。
でもそれって、お義父さんが理解がない人というわけじゃなく、かなり一般的なお考えなんだと思います。残念だけど。
日本の家族形態は急速に変化しているので、世代間で共有できる家族観が少ないんですよね。それがいろんなところにひずみを生んでいる気がします。

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2006.09.14 21:22

>たいちさん

コメントありがとうございます。
ハイペースな更新は、一時的なものでした。(汗)

>女子と男子に待遇の差があまりにあるのは個人的にすごーく嫌なんだよなあ

わかります!わかります!!

でもそういうことを言うと必ず「男と女は同質じゃない」とか「差別ではなく区別だ」とか言われちゃうけど、そうなんでしょうかねぇ?

女は、生まれた瞬間から周囲を残念な気持ちにしてしまう生き物なのかもしれません。(あ~、末期的被害妄想・・・)

投稿: とと(>たいちさん) | 2006.09.14 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女心はフクザツなのです:

« たまには仕事関係?の本も | トップページ | 半身浴読書~61~ »