« お知らせ | トップページ | 病気のことを話しましょう.もっと. »

2006.09.06

病気のことを話しましょう

8月29日に入院したのは,27日午後から始まった激しいめまいと嘔吐のためだ.近所のかかりつけ医に通い点滴を2本打ったものの全く改善が見られず,一人では歩けないため,その病院から救急車で大きな病院に搬送された.

搬送先の病院は,脳外科と内科の病院であり頭部の写真を撮ることをまずは優先した形だ.結果としては頭部の異常は見つからず,過労が原因であろうということでひたすら点滴しまくっていた.

実は,めまいが始まった日曜日から入院するまで,ほとんど食事や水分が摂れずトイレにも行かない状態だった.おそらく脱水状態だったのだと思う.かかりつけ医も尿検査をして脱水状態を確かめたかったようだが,なにせおしっこは出ないし,トイレに行くと座っているだけで吐き気を催すので尿検査をキッパリ拒否した私だった

入院後点滴により,体内の水分が全く入れ替わるんじゃないかと思うほどの大量の生理食塩水を入れたおかげで脱水状態は改善し,あとはひたすら安静にしていたので,めまいも徐々に改善中だ.

但し,入院前から感じていた目の見えにくさ(ちらつき・まぶしさ)は全く良くならない.それどころかめまいが治まると,何かを注視したときに感じる目のちらつきが軽い頭痛を伴い,嫌な感じなのだ.

退院してすぐにかかりつけの眼科に行った.

そこでは眼底写真を撮り,異常を指摘された

そのときに,写真をみた眼科医が思わず「これ,珍しいなぁ・・・.おもしろい・・・」と洩らした言葉を,しっかり耳にした私だ.(おもしろくねぇだろ!)

眼科医は,「眼底に異常が見られます.原因がよくわからないので,大きい病院に行ってさらに詳しい検査をしてください」と言って,かなり遠い公立の大病院の眼科部長宛てに紹介状を書いてくれた.

でかい病院では,通常の検査の他,造影剤を入れて眼底の検査を行なった.

結果は,いいとも悪いとも言えないものだ.

下記にまとめる.
①この眼科部長の診断では,かかりつけの眼科医が疑っていたぶどう膜炎ではないだろうということ.
②私の眼底の状態は,網膜に何か貼り付いている,または何かが増殖しているように見えるとのこと.眼底の異常というのは,網膜の異常ということらしい.
原因は不明.ただ,両眼が同時に同じ症状を起こしていることから考えると,目に異常が起きたというより何らかの内科的な全身の問題があり,その影響から目に異常が起きているのではないかということ.
④造影剤を入れての検査では,病気は現在のところ不活性でさらに異常が進行する状況ではない.しかし,今,網膜に起きている異常(何かの貼りつきや増殖)は,今後治癒する可能性は低い

造影剤を入れての検査中に一瞬意識を失って倒れてしまったなどという余談もあるが,その辺のおもしろ話は今は割愛.

自分自身は非常に目が見えにくいと感じているが,視力検査では視力は落ちておらず,眼科医からすると「見えるんだからいいじゃない」ということらしい.

結局,目薬すらもらえず,帰りにドラッグストアでなみだロートドライアイを買った私である.

|

« お知らせ | トップページ | 病気のことを話しましょう.もっと. »

心と体」カテゴリの記事

コメント

おやまあ!ととさん!
そんな状況でブログ更新ですかあ!
そのたくましさ,根性ったらすさまじいですが,
でも注意して下さいよ。
貴方は私達のアイドル!なのですから!??

それにしても網膜に何かが繁殖???
何かが張り付いている???
エイリアンでも侵入したのでしょうかねえ。

冗談はさておき,安静を心がけて下さいね。


投稿: Bach | 2006.09.06 18:09

ぶどう膜炎なんていう病気があるんですね。
でも、それじゃなかったんですよね?

気休めでも目薬をもらえればよかったですよね~。

私も普段コンタクトをするので、目薬や気休めにブルーベリーのサプリを飲んでいます。

体力や免疫が落ちると、きっとめまいにつながるでしょうから、くれぐれもご無理なさりませんように。

ちなみに私はロート「養潤水」という目薬http://www.rclub2.rohto.co.jp/you/gaiyo.htm
を使っていますが、結構いいですよ。ご参考までに。

投稿: ぶんぶん | 2006.09.06 18:51

う・・・目の病気って心配です・・・
原因が不明っていうのが嫌な感じですね。
お医者さんももっとためになるアドバイスはないのかー!と思ってしまいました。
「何」が張り付いていて、原因は「何」なのか、結局わからないままなのですか^^;

でも、適当な病名を言われるよりは、分からないんだから分からないって言われる方がましなのかな・・・
早くととさんがよくなりますように。

投稿: BUBI | 2006.09.06 20:13

ととさん
大丈夫ですか?
チョットは良くなった様で、安心しました。
でも、油断は禁物!!

いろいろな事にがんばりすぎないでね

大きく深呼吸して、ゆったりとしてくださいね。

投稿: ななうさぎ | 2006.09.06 23:47

大変でしたね。
どうかお大事になさってください。

投稿: robita | 2006.09.07 11:54

>Bachさん

ご心配ありがとうございます.
それにしても『アイドル』だなんて~(*・・*)ポッ
そんなこと言われると嬉しすぎて舞い上がってしまいます~(#^_^#)

ブログの更新については,その前のエントリー『お知らせ』のコメントにも書いたのですけど,ブログは私にとって趣味になっているので,つい,キーボードに向かってしまうんですね.
今のブログの流行や,自分自身の行動を思うとき,つくづく人間って表現したい生き物なんだなぁ~と思ってしまいます.

投稿: とと(>Bachさん) | 2006.09.07 13:03

>ぶんぶんさん

情報ありがとうございます.
早速今日,ドラッグストアに行って見ました.でも「養潤水」は置いてなくてがっかり.(-o-;
なのでブルーベリーのサプリメントを購入して,さっき飲んだところです.

久しぶりにメイクをして外に出たらやはりちょっとクラクラしてしまいましたが,家に帰って椅子に腰掛けていると全然平気.めまいに関しては確実に良くなってきていると実感してます.

ただ目は相変わらずで,今はコンタクトレンズをつけるのがちょっと怖くてメガネにしてます.そうすると,メイクとメガネがどうも合わなくてかなり違和感がある顔になっています.明日は会社に行ってみようと思っているので,メイクの方法をちょっと変えてみなきゃいけないかな?

投稿: とと(>ぶんぶんさん) | 2006.09.07 13:09

>BUBIさん

ご心配いただきありがとうございます.

医学は進歩しているとはいえ,人間の体は人間が作ったものではないので隅々まで理解することは永久に不可能でしょうね.機械なら作り出したメーカーに頼めば,修理可能なんでしょうけど.

今回の経験で,自分の健康を守るのは自分自身でしかないことを強く感じました.入院中には,老いや死や家族についてもいろいろ考えたりして,かなり哲学的にゴロゴロしてました.(笑)
だってテレビがなかったんですもの.
きっと人間は,テレビがないほうがもっと思慮深く生きられると思います.

投稿: とと(>BUBIさん) | 2006.09.07 13:18

>ななさん

ご心配いただきありがとうございます.

めまいの方は,日に日に良くなっています.目の方は,これはもう慣れるしかないと思っているので疲れない程度に日常生活を送りながら様子をみるしかないですね.

お産以外の初めての入院では,いろんな面白い体験をしましたよ.いつかご披露したいと思ってます.でももう入院はこりごりなんだけどね.(^^;)


>robitaさん

ご心配いただきありがとうございます.

短いコメントの中に,robitaさんのお気遣いを感じております.
今後は,無理せず睡眠を充分とって,体をいたわってやろうと思います.

投稿: とと(>ななさん,robitaさん) | 2006.09.07 13:25

東洋医学に関心はありませんか。
娘が小児鍼でアトピーがかなり改善しました。
個々の症状ではなくて全身状態を見て改善していく考え方なので、今のととさんにうってつけだと思うのですけどどうでしょう。

ただ、いい先生を見つけるのが難しいのですよね。原因がはっきりわかって治療できるようになればそれが一番なのですけど。

お大事になさってくださいね。

投稿: haru | 2006.09.07 15:01

>haruさん

ご心配ありがとうございます.

東洋医学って,鍼とか漢方薬とかかしら?でも,確かにその名医を見つけるのは難しそうですね.

今のところは,かかりつけの専門医の指導を受けることと,自分の治癒能力を高めるために体を充分休めたり栄養をきちんと摂ることを心がけたいと思っています.

これからもよろしくお願いします.
(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: とと(>haruさん) | 2006.09.09 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/11782471

この記事へのトラックバック一覧です: 病気のことを話しましょう:

« お知らせ | トップページ | 病気のことを話しましょう.もっと. »