« 半身浴読書~62~ | トップページ | やっぱ家族っていいじゃん »

2006.09.17

半身浴読書~63~

017006470000 『冷静と情熱のあいだ Rosso』 / 江国香織,読了.

まずは,ひとこと言わせてくれ!

「マーヴを私にくれ~~~~!」

・・・・

だってさ,マーヴって最高の彼氏なんだよ.

優しくて,お金持ちで,逞しくて・・・,なによりあおいのことが大好きで.なのに,昔の恋を引きずるあおいに『?』だらけで読み進め,『そんなにいらないなら私にくれ,マーヴを』と思っちゃうわけだ.

でも,読んでいくと,だんだんとあおいの気持ちがわかってくる.

男から見れば『はぁ?それってどういうことよ!?』って怒りたくなるだろうが,女は許されるだけではダメなんだよ.

じゃ許さないほうがいいのかと言われたらそれも違うわけで,・・・つまりはシーソーなんだな.

互いに惚れ合う感情のバランスが上手く釣り合っていないときには,許されてもダメ,批難されてもダメなわけだ

あおいは順正との恋に決着をつけなきゃいけなかったわけで,たった一通の手紙で揺さぶられるなら,もう一回順正に向き合わなきゃいけない.

男で傷ついたら男で癒すのは基本だが,別れ方によっては,こんな風にながぁ~く引きずるものなのかもしれないなぁ.

『冷静と情熱のあいだ Blu』(半身浴読書~59~)のほうが,動きが多くて変化に富んでいるけど,私はやっぱ女ですから江国版(Rosso)のほうが共感しながら読めました.

|

« 半身浴読書~62~ | トップページ | やっぱ家族っていいじゃん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

>>女は許されるだけではダメなんだよ

ふーむ、男からするとよく解らないですわ。

江國さんの本は、何処か、異国の話のような感覚で読んでますわ。

男からみると、すごく縁遠い物語を読んでいるような、そんな感覚なのですね。

やっぱり作者と読者の性別って共感できるかどうか関係あるんですね。

うまくシーソー乗りこなせるように頑張りますわ。

投稿: dai | 2006.09.19 17:00

>daiくん

やっぱりわからないよね。ふふ。
私も上手く説明できないもん。
まぁ、惚れたほうの負けってことなのかなぁ?

私は江國さんの本、どっちかというと苦手だったんだけど、これは大丈夫でした。
これから江國さんの本、挑戦してみよっかな?

投稿: とと | 2006.09.19 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/11910592

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~63~:

« 半身浴読書~62~ | トップページ | やっぱ家族っていいじゃん »