« 男系男子は,もうそれだけで尊い存在なのである | トップページ | 半身浴読書~63~ »

2006.09.17

半身浴読書~62~

025944520000 『探偵倶楽部』 / 東野圭吾,読了.

金持ち専用の会員制の探偵が,いろんな事件に関わっていく話.解決するとは限らないので,名探偵コナンとは,ちょっと違います.

短編なのでさっさか読めましたが,もうちょっと何か・・・って感じでした.

謎解きがある話なんだけどその過程があんまり面白くなくて,『白夜行』(半身浴読書~41~)みたいに謎解きそのものがないほうが想像が膨らんで面白い気がするなぁ.

おまけにこの本は,私の苦手な短編なので,あっさり書かれすぎている感じがさらに物足りなさを与えちゃうのかもしれない.登場人物に感情を乗せることが難しいから,私みたいな読み方だと『ふ~ん』って思っておしまいだね.

感情を乗っけられないなら,もうちょっとミステリーっぽくてもいいと思うんだけど,それがそうでもないしね.探偵の動きそのものは全然書いてなくて,最後に依頼者に語って終了なので,探偵たちのご苦労(笑)もわからないしなぁ.

でも,読みにくい話ではありません.途中で止めたくなるようなこともありません.それなりに面白い本でした.

|

« 男系男子は,もうそれだけで尊い存在なのである | トップページ | 半身浴読書~63~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この本読んでないんですけど、なるほどーと思いました。

この人が書いたもので、同じく連作短編の「探偵ガリレオ」っていうのがあるんですけど、”もうちょっと何か・・・”って感想ですね。

そのあとに筒井康隆さんの本読んだんですけど、短編でも十分面白く描けてて。

やっぱり、餅は餅屋なんだなーって思いますね。

投稿: dai | 2006.09.19 17:04

>daiくん

この人は、短編が苦手なのかな?それとも謎解き系が不向きなのかな?

そういえば筒井康孝の本は、相当昔に読んだっきりだなぁ。あの頃は若かったのでああいう感じの作品は大好きだったけど、この年齢になるとどうなのかしら?なんだか躊躇してしまうんだよね。
久々に挑戦してみようかしら。

投稿: とと | 2006.09.19 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/11910544

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~62~:

« 男系男子は,もうそれだけで尊い存在なのである | トップページ | 半身浴読書~63~ »