« 過剰適応するとき | トップページ | 半身浴読書~57~ »

2006.08.14

偏差値ではなく絶対値で

自分が非常につまらない,心の狭い人間だと自覚することがある.

     

年に3回オットの実家に帰省する私たち家族は,今年の夏も当たり前のように帰省した.そしてオットの兄一家は,今年もまた帰省しない.

義兄一家が帰省しなくなったのは,長男が大学受験の頃だろうか?しかし今は,末っ子の3人目も成人した.その現在でも,夏はもちろん正月にも義母を訪れることはない

しかし,義母は長男であるオットの兄を待っている.私にはよくわかる.長子というのは,それだけで親の思い入れは強いものだ.

私たちが帰省している間も,兄の話が出なかったことはない.

例えば,「この電話は,太郎さん(兄の名前.もちろん仮名)が買って来てくれたのよ.」とか,「そういえば太郎さんが,焼肉のプレートを買ってきてくれたわね」とか,「12人用の大きなコーヒーメーカーを買ってくれたわ」とか.

オットが買ってあげたビデオデッキの話題は,一言も出てくることはない.・・・・多分,覚えていないのだろう.

そんなとき私は,なんかイヤァ~な気分になるのだ.

汚い話だけど,オットが買ってあげたビデオデッキは,オットがお金を払っている.でも義兄が買ったという電話は,義母がお金を出している.兄は選んだだけだ.

「この電話,太郎さんが買ってきてくれたのよ.金は私が出したけど.」と言う母に,「兄貴はケチだからなぁ(*^o^*)」と言って笑うオットは,そんなことは一向に気にしていない様子.

そんなとき自分は,なんて心が狭いのだと思ってしまう.

お兄さんがどうしたかなど,全然関係ないのだ,私には

私たちがお母さんに,帰省のたびに数万円~数十万円のお小遣いを渡すのも,オットがビデオデッキを買ってあげるのも,兄のことは関係なく,自分達がそうしたいからしているだけのこと.

それで自分達が満足ならば,それでいいじゃん.

満足は偏差値じゃない.絶対値なんだ.人と比べてたら,いつまでたっても満足なんて出来ないじゃん.

そう思うと,なんだか心の狭い自分を遠目で眺めて,包み込んであげた気分になる私です.

|

« 過剰適応するとき | トップページ | 半身浴読書~57~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ととさんのおっしゃっている意味すごくよくわかります。「通ってきた道」です(笑い)。今は幸いなことに脱却して、さっぱり気にならなくなりました。どう考えても理屈に合わないのに…、って「たまる」感情があったものです。でも肉親同士は、多寡とか、不均衡とかは、軽く乗り越えたところで理解しあえるのですよね。
ちょっと先に、巣立った子を持つ母としては、子世代からのプレゼントが立派でもうれしいし、「元気?」の電話一本でもうれしいし、何にも連絡がなくても、元気にがんばっているらしければ、それだけでもうれしかったり、妙なものです。いやな言葉ですが、「義理」が介在する場合としない場合の違いなのでしょうか。
私の周りは、子世代が独立するころ。自分たちが「若い嫁」だったころのことを振り返り、あの意味がいま「判る・判る」と、話題にすること多いですよ。

投稿: 街中の案山子 | 2006.08.15 07:15

>街中の案山子さん

どうやら私は、案山子さんの歩いたあとを少し遅れて辿っているようですね。ふふ。
それならそのうち私も、街中の案山子さんのような思慮深い大人になれるかしら?楽しみです。

でも義兄にはやはり、もう少し母のことを考えて欲しいと思う私ですが。

投稿: とと | 2006.08.15 15:50

うちの父親は、男三人兄弟の真ん中です。

だけど、祖母の面倒をいろいろ見ているのは、うちの親です。

私にとって叔父さんである長男は、あまりいろいろしてくれる方じゃないんですよ。

でも、祖母が気に掛けるは、長男の事。孫から見ても、イヤァ~な気分でしたよ。

もちろん家族関係も詳細な部分も違うけど、感じている部分は同じなのかなと思いました。


>満足は偏差値じゃない.絶対値なんだ.人と比べてたら,いつまでたっても満足なんて出来ないじゃん

これはよく解るんですけど、肉親・親戚が絡むと、どうしても比べてしまう部分ありますよね。

結婚してから、その辺いろいろ考える事が増えました。

何処にでも転がっている話なんだなぁーと軽く受け流す事が出来れば一番いいんですけどね。フゥ・・・

投稿: dai | 2006.08.15 18:06

>daiくん

みんな似たような感情を経験しているんだねぇ~.私だけじゃないんだってことがわかって,ますますお兄さんを気にしちゃいけない気がしてきました.
・・・でも,偏差値を気にする自分はそんなに簡単には無くならないんだけどね.

絶対値で今の自分を見る習慣ができたら,それは『足るを知る』ことができることだと思うんです.人間の欲望にはキリがないからね.『足るを知る』ことのできない人は,いつも不満を抱えて生きなきゃいけない.それって,楽しくない人生だよね.

投稿: とと | 2006.08.15 22:59

ちょっと年上だから、先を歩いているかもしれませんが、自分が「思慮深い大人」になっているとは思えません(笑い)。潜り抜けたところでは、そんな振りができるけれど、自分自身に、なーんかな、と思うところもいっぱい抱えています。
あ、伊坂幸太郎の本、快適ですよね。べったり感がないところが気に入っているのですが、数冊読んで、やめています。自分のブログにも感想書いていますが、ととさんの読まれたものと重なっていないので、よかったらお尋ねください。

投稿: 街中の案山子 | 2006.08.16 07:00

>街中の案山子さん

>自分が「思慮深い大人」になっているとは思えません

そんなことありませんって!
よくあるパターンで,自分の経験談を振りかざして「お前はまだまだ青いぞ」などと仰る年配者には,つい反抗したくなっちゃう私ですが,案山子さんのコメントにはそんな『上から目線』な物言いがなくて,非常に思慮深いと感じております.はい.

そんな街中の案山子さんに,
>自分自身に、なーんかな、と思うところもいっぱい抱えています。

是非,この部分をチラリと見せて欲しいなぁ~.どんな自分に『なーんかな』って思っていらっしゃるのか,ちょっと興味ある.

すみません,知りたがりで・・・
**(/▽/)**ハズカシ

投稿: とと | 2006.08.16 23:39

自分のブログに書けばいいものを、正面きって文字にすることが恥ずかしいのでここに(迷惑だったら削除してくださいね)。
帰省していた娘と、沢山たくさん語りつくしました。
その中の話のひとつ。
自分は変わることができても、相手を変えることは絶対にできないのだよ。
自分が相手を攻めると、攻められたほうは必ず不快に思うし、それを忌避するためにも、自分を責め返す。すると自分自身もいやな思いを味わう。だから、いやな思いを味わいたくなかったら「自分を変える」。なかなか大変なことだけれど、自分を変えることさえ大変なのに、「他人を変えれる」なんて思うのは、それ以上に無理だよ。
「君にいまどんな話をすれば、うれしがるか」を彼女(娘)は察して話題を選んでいる。とオットにいわてしまう私ですが、私は、いつも、彼女に癒されるのです。

投稿: 街中の案山子 | 2006.08.17 08:08

>街中の案山子さん

迷惑だなんてとんでもない!
でもほんとは,案山子さんのとこにエントリーとして書いていただいて聡明な大人の悩みをぶっちゃけてもらえたら,たくさんの人が読むことができていいと思うんですけど.悩み中の誰かの『気づき』が生まれるかもしれないですもの.

「相手を変えることはできない」と諭したのは,お嬢さん?諭されたのが案山子さん?
・・・なんて大人なお嬢さんでしょう.子どもに癒されるなんてすごいです.うちも子どもが小さいうちは,見ているだけで癒されたものですが,今はイライラの原因にしかなりません.(▼▼)
もう少し時間が経てば,そういう話もできるようになるのかな?
でも私って,街中の案山子さんのような子育て上手じゃないから,無理かなぁ?

投稿: とと | 2006.08.17 21:05

こんにちは!
すっごく気持ちがわかります。
この頃は「自分が満足するためにしていることだ」と思えるように精進しています。相手のためにと思うとつい「感謝」を求めてしまい、「感謝」がないことに腹が立ちイライラするので。何をするのも、自分がしたいからしていることで、仮にしなかったとしたら、それはまた自分にイライラするのだからと。反対にしなくてもイライラしないなら、もうしなくていいやと判断したり。
でも、一言いってやりたくなりますよねえ。それを堪えないといけない嫁は辛いし、なんとも思わない夫を睨み付けたくなるしで。

投稿: ぐーたん | 2006.08.21 10:41

>ぐーたんさん

わかっていただけます?
なんだか皆さん,似たような感情を持ってるもんなんですね.

街中の案山子さんが書かれていますが,『義理の関係』って微妙な機微がありますね.なかなか難しい.
ここに書いたことについては,オットに理解して欲しいというより,兄にわかって欲しいです.義母が兄を待っているのがわかるから.

まぁでも,それもこれも全部含めて,自分がどうしたいか,どうしたら自分が満足なのか,ここを一番大切にしたいものですね.

投稿: とと | 2006.08.21 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/11438349

この記事へのトラックバック一覧です: 偏差値ではなく絶対値で:

« 過剰適応するとき | トップページ | 半身浴読書~57~ »