« 半身浴読書~49~ | トップページ | 半身浴読書~50~ »

2006.07.04

納得できない

トレス被告に無期懲役 広島(共同通信)
 広島市で昨年11月、下校途中の小学1年木下あいりちゃん=当時(7っ)=が殺害された事件で、殺人、強制わいせつ致死など四つの罪に問われ、死刑を求刑されたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(34)に広島地裁(岩倉広修裁判長)は4日、無期懲役の判決を言い渡した。弁護側は殺人と強制わいせつ致死の罪について無罪を主張したが判決は確定的殺意とわいせつ目的があったことを認定。

[共同通信社:2006年07月04日 15時00分]
死刑にはなりませんでした。
      
男が持つ性衝動が何か、男と二人きりで部屋にいるということはどういうことか、セックスとは何か、何一つ知らない幼い少女に行ったわいせつ行為は、恐怖と苦痛以外の何ものでもありません。
   
その結果,少女を死に至らしめた男を生かしておかねばならないのは、なぜなのだろう?
    
身代金目的の誘拐ならば被害者が一人でも死刑判決は出ているとのこと。日本では女性の性(尊厳)より、お金のほうが大切らしい。
     
犯行は衝動的で計画性がなかったということは、更正の可能性があるというより、再犯の可能性が高いということなんじゃないか。だって、衝動的なんだから。衝動的ってそういうことでしょう?
         
こうした判決が出るたび,『更正の可能性』が取りざたされる.この更正の可能性は,定量的に量れるものではなく,可能性はあるとしてもその確立を示すことは出来ない.さらに更正したかどうかの判定をすることは難しく,その判定に対して誰も責任を負わない.
    
また罪を犯した人間に更正の可能性があるとして,全ての犯罪者がその可能性を試すことを許されるわけでもないだろう.
     
何でもかんでも死刑にして欲しいわけじゃない.
   
でも,小児性愛者の矯正方法が確立していない以上,一度その快感を味わった人間を外に出すことへは恐怖を感じる.無期懲役は終身刑じゃないのだ.

|

« 半身浴読書~49~ | トップページ | 半身浴読書~50~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、死刑にはならなかったか…
被告が行った行為を、あいりちゃんのお父さんの希望で報道されて初めて知り、本当に許せないと思っていました。
ととさんのおっしゃるとおり、性犯罪者は再犯率が高いとどこかで読みました。そういう人が数年で刑務所を出てきたら…と思うと本当に怖ろしい。こと性犯罪に関しては再犯の可能性を考えると本当に厳罰にしてもらわないと安心してこの国で暮らすことはできませんね。山口の母子殺害事件といい、裁判所はやっぱり加害者に甘いように思えてなりません。

投稿: たいち | 2006.07.04 22:22

>たいちさん

今日もココログは重いですね・・・(^^;)

それはさておき,この判決.
やはりいきなり『死刑』は出しにくいのでしょうかね.裁判官も所詮公務員ですから,前例重視はしょうがないのかな?

小児性愛というのはひとつの性の嗜好だと思います.それを矯正するのは至難の業.それは例えば,カバちゃんに女を愛せというようなもの.
レイプ魔も同じです.嫌がる女性を無理やり犯すことに興奮を感じるのでしょう.
それを矯正する方法は見つかっているのでしょうか?それをせずに,更正の可能性があるというのは,ちゃんちゃら可笑しいと思ってしまいます.

これでこの判決が確定するのかどうか,女として,女の子を持つ母として注意深く見守りたいと思います.

投稿: とと | 2006.07.04 23:47

ココログが重たいのかTBがエラーになってしまいました。
は、ととさん同様、横においておくとして。

今回の判決は納得できないですね。
「公務員だから前例重視」と言わんとしていることは、悲しいかな納得してしまう部分がありますね。
(昨日TVドラマ見てたから余計そう思うのかも)

女性ではありませんが、今後の動向を注視したいと私も思います。最近は女の子だろうが男の子だろうが、関係なく危険なような気がしますし…。

投稿: さじった | 2006.07.05 01:10

 死刑の是非というよりも、その犯罪者による、新たな犠牲者を出さないためには、二度と社会に出さない、という対応が必要だと思います。たいちさんも書かれていますがこと「性犯罪者」に対しては。人を殺したり、幼児を陵辱したりすることを「快感」と考えて行われた犯罪は、他の犯罪とひとくくりに判例で片づけるだけは危険ですよね。

 裁判の判決がどう出ようとも・・・仮に極端な話、裁判で、心神喪失状態だったとかで無罪になったとしても、矯正不可能な異常者に対して「再犯の可能性」を踏まえた上できちんと監理・監督するような仕組みがあればいいのに。仮に精神病院に収容されて一生出てこないことになるのなら、終身刑と同様だし・・・でも実際はすぐに退院してたりしてそこが問題なんですよね。
 
 死刑は、それを執行することによって、見せしめになって同様の犯罪の抑止力になるっていう説もありますが「衝動的」な犯罪に対しては「抑止力」も何もない。

 それでも死刑にすべきだとするなら、やはり起こってしまった犯罪に対しての償いを死を持ってしてもらう、ということなのでしょうけど・・・でもヤギ被告が死刑になってもあいりちゃんは帰って来ない・・・家族の痛みも癒えることがない・・・切ないです。

投稿: BUBI | 2006.07.05 10:55

感情論と言われようが,復讐心だと言われようが,この事件は判例などを参照するものではないだろう。また,比較できない事件だと思われる。山口県光市の事件同様,死刑が妥当だと思う。
久保豊年弁護士と今枝仁弁護士がどのような立場の弁護士か知らない。死刑廃止論者かどうかも知らない。ただ,職務上,少しでも刑を軽くするのが仕事なのだろう。しかし,それにしても「死刑を求刑するなどあり得ない」という弁は,あいりちゃんの両親の心情をまったく逆なでし,つばを吐きかける行為に見えた。私は,一人,テレビの映像の中の彼らを思わず「なにー!」とにらみつけてしまった。
法律で,万人を納得させるものがないのは当たり前なのかもしれない。でも私が感じたような憤りを感じた人は多いのではないでしょうか?
時代にあった法律にさっさと変えて欲しい。多くの人が納得する判決が出せる法に!

投稿: Bach | 2006.07.05 13:35

>さじったさん

TBありがとうございました.

裁判官もきっと死刑判決を出すのは,苦しいのでしょうね.人が人を殺しても良いと決めるのだから.
でもその道を選んだのは自分だし,それは職務なのだから安易に『更正の可能性がある』などと言って決断を避けるのはやめて欲しい.
また,いつでも前例に従うのなら,コンピューターにだって判決を出せると思いません?

検察には,控訴してもらって被告が母国で犯した犯罪についても立証し,この手の犯罪を繰り返しているからこそ死刑しかないと訴えて欲しいです.


>BUBIさん

>死刑の是非というよりも、その犯罪者による、新たな犠牲者を出さないためには、二度と社会に出さない、という対応が必要だと思います。

そうですよね.
もし,この被告が絶対に再犯しない状況が作れるのなら,死刑以外の選択肢もあるのかもしれません.個人的にはメンタルな部分での矯正は不可能だと思っているので,去勢しかないと思っていますが.

死刑制度には賛否両論あって,死刑より終身刑を求める人もいますが,犯罪者を死ぬまで税金で面倒みることにもちょっと抵抗があります.(←ケチですね,私)

死刑制度の一番の問題点は,冤罪であった場合に取り返しがつかないということでしょうから,まずは自白に偏った逮捕はしないなどの対策もしなくちゃいけないでしょうね.


>Bachさん

>しかし,それにしても「死刑を求刑するなどあり得ない」という弁は,あいりちゃんの両親の心情をまったく逆なでし,つばを吐きかける行為に見えた。

激しく同意です.
私も「へ?」と画面を見つめてしまった一人です.

この犯罪は,単に一人の命を奪ったのではないと思います.死に至らしめるまでに拷問を加えているようなものです.しかも反省の色もなし.

この犯人は母国で同じような犯罪を犯し,そのとき捕まった経験を踏まえて今回は殺害していると感じます.もしこの男が社会に出てきたら,今度は幼児を陵辱し殺害し死体遺棄も上手くやるかもしれません.今度は捕まらないようにと・・・.
そのくらい小児性愛者の衝動を抑えるのは難しいと思います.

検察は絶対控訴すべきです.

投稿: とと | 2006.07.05 21:45

やっぱり、あの弁護士の発言に違和感というか、ふざけんなとおもったのは、私だけじゃなかったんですね。
確かに自分の仕事は自分の仕事、だけど、それと人を思いやる気持ちっていうのは別だとおもうのですが、「ただの感情論」とお偉い弁護士には一蹴されてしまうのでしょうか?そんな世の中であって欲しくないと思ってしまいます。

投稿: ちゃい | 2006.07.06 11:04

>ちゃいさん

きっと法律論みたいなことを言うと,あの弁護士の言うことも一理あるのかもしれませんね.でも聞いているのは法律家だけではないので,もう少し被害者の心情を慮った言い方を考えてもいいんじゃないかと思いました.

私はこういった事件も少子化の原因になっているんじゃないかと思います.だって怖いもの,子どもを一人にするのが.じゃ,いっそのこと子どもを持たなきゃいいと感じる人も多いと思うんですよね.
だからこんなことは絶対に日本社会では許さないという態度を示して欲しいです.

投稿: とと | 2006.07.06 21:07

to: とと さん

ども。自分のブログでうまく記事へまとめられていないので、こちらへのコメントという形で意思表明します。(時期も外してしまったし)

>日本では女性の性(尊厳)より、お金のほうが大切らしい。

どんなに愛しい情を交わし続けていたアニマルコンパニオン(ペットとは言わないらしい)であっても、意図的に傷付けたり殺したりした場合は「器物損壊」‥原則として、茶碗や車などを壊した場合と同じ扱いだそうで。

女性の性(尊厳)についても、「物ではない、だが、身体そのものへの傷付けととは言い切れない場合もある(制度上、一人の人間の死を二重にカウントするわけにはいかない)」という法令上の壁があるのでしょう、きっと。

アニマルコンパニオンに対する狼藉を、単なる器物損壊の扱いから変更する法令が一応存在するようになったようですが、性の尊厳を殺人罪に対して量刑加算する規定はあるのかしら?

規定があったとしても、おそらく「年齢◇歳の凸凹学校課程就学中が被害者の場合は、違反評価点数を○点加算」といった目に見える評価基準が追加される事になるのでしょう。

一番やっかいな「更正(矯正)可能性がどの位あるか」の評価結果が、目に見えないのがもどかしいっすが。


to: BUBI さん

永山判決基準(被害死者数等)により、死刑判決にはならなかったが、

「犯情や遺族感情にかんがみれば被告の一生をもって償わせるのが相当。仮釈放については可能な限り慎重な運用を希望する」

という、簡単には仮釈放にはしないでほしいとの意見付きの無期懲役判決であった模様。

(中国新聞・記事)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200607050010.html

心神喪失や心身耗弱で刑の減免を受けた方の心身管理システムは確かに必要でしょう。「減免受けた途端に、心身状態も正常になっちゃった」では困る。


* もののけ *

[profile:Toto_20060705133525]

投稿: westwind | 2006.07.08 16:28

>westwindさん

きっと法律を作ったのは,男なのでしょう.そのころ,男からみれば女は取替え可能のいわば持ち物だったのかもしれません.

昔テレビ番組で,家族計画(平たく言えばコンドーム)を広める活動をしているインドの様子を見ました.ある女性が続けざまに5人を出産し,今も6人目を妊娠中で,政府の人が「このままじゃ奥さんが死んでしまいますよ」と言ったら,その夫である男が「死んだら次の嫁さんもらうからいい」と言うのを聞いて,がくっとしました.
それは極端な例ですが,もし男の性が踏みにじられる事例が多ければ,もしかしたらもっと共感性を持って法律が作られたかもしれないと思ったりします.

>簡単には仮釈放にはしないでほしいとの意見付きの無期懲役判決であった模様。

でもこれって誰も監視しないし,法的拘束力もないし,まぁ,言ってみれば裁判官の逃げなんじゃないかしら?ボクはこの事件を許せませんよ~というポーズかな?
姑息じゃ・・・

投稿: とと | 2006.07.09 22:40

お邪魔します。

今日から丸2日間、ココログはコメントもTBも出来なくなるそうで、何よりです。(笑)

裁判官は私情を入れる事が出来ないので、こんな判決になってしまうのでしょうね。やはり、このような事件の裁判には陪審員制度は必要かと・・

すいません、TBが重複してしまったようです。

投稿: タカボンのパパ | 2006.07.11 04:08

>タカボンのパパさん

メンテ終了しましたね。
さくさく動くようになっているといいのですけど。

この犯人が無期懲役になることには納得いかないけど、死刑を出すことに慎重になる裁判官の気持ちもわからなくもないです。一度それを出してしまったらそれが『前例』になるわけですから。

でも、それでも、血の通った人間として法律に魂を込めて欲しいです。そう思うのは、間違いなのかなぁ?

投稿: とと | 2006.07.14 20:39

to: とと さん(自分宛)

産ませ過ぎで嫁さん死んだら、お取替えっすか‥なんだか、業務負荷&責任だけは正社員並みの契約派遣社員のやうな(過労死したら派遣元へお取替え要求)

ま、かつて働きアリ生産プラントと扱われていた事は事実のようですが(年増の知り合いから返ってくる兄弟姉妹数を聞いても、ある程度推定できる)

男の性が踏みにじられる事例に該当した場合、踏みにじられた側は即座に武力行使しちゃうと思いますよ。行使する気概や力が無い場合は、踏みにじられた男の方がバカにされるものと思われます。

>(簡単には仮釈放にはしないでほしいとの意見付きの無期懲役判決)

確かに法的拘束力は無いようですね。

法務当局が決める仮釈放の可否の時期に、裁判所(の判決)がモノ申すのは、越権行為だと、新聞紙上に意見を述べられてた専門家もいらしゃいましたし。

#トラバ先見つからんので新記事をリンク(姑息)

http://mononoke-denpa-free.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/4accidentorcase_e39f.html

* もののけ *

[profile:Toto_20060709224049]

投稿: westwind | 2006.07.16 11:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納得できない:

» 広島で段ボール箱に女児の死体18:トレス容疑者に無期懲役 [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 広島で段ボール箱に女児の死体18:トレス容疑者に無期懲役時事通信から:殺意認定、「反省不十分」=ヤギ被告無期判決−小1女児殺害・広島地裁 広島市安芸区で昨年11月、小学1年木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、...... [続きを読む]

受信: 2006.07.04 20:57

» 自分も納得できかねます。。。 [さじったの日記もどき]
『元気に愚痴る♪』のととさんのところで、 納得できないという記事がありました。 何のことかといえば、『ヤギ被告に無期判決 広島女児殺害事件』というニュースのことです。 [続きを読む]

受信: 2006.07.05 00:59

» 言えば良いってもんじゃない [ひま人の風~、改め]
国際人権団体アムネスティ・インターナショナル(本部ロンドン)は7日、日本の死刑制 [続きを読む]

受信: 2006.07.11 03:30

« 半身浴読書~49~ | トップページ | 半身浴読書~50~ »