« 半身浴読書~43~ | トップページ | 久しぶりにニュースにムカつく »

2006.05.31

なんで働いているのかと聞かれたら

わかんない」としか,言えないな.

オットはそれなりのサラリーをもらってくるから,豊かとは言えないけど私が働かなきゃ生きていけないということもない.

子どもも2人いるから,時間がたっぷりあるわけでもない.

それなのに,なんで私は仕事しているのかと聞かれると,「働きたいから」と答えるしかない.

BUBIさんの二つのエントリー
『両立ってそもそも無理なんじゃないか』
『両立ってそもそも無理なんじゃないか(続き)』
を読んで,そう思った.
特に,『両立ってそもそも無理なんじゃないか(続き)』のBUBIさんのコメントを読んで,「なんでそんなに働きたいのよ,自分」と問いかけてしまった.

働くことで社会とつながっていたいという人もいる.でも働いているから社会とつながっているわけじゃない.それは,定年後に行くところがなくなっちゃうお父さん達を見てればわかる.反面,専業主婦で地域とつながっていたお母さん達は,年をとっても孤立しない.どこで何をしていても,つながれる人はつながれるんだと思う.

じゃ,経済的理由で働きたいのか?私の場合,それも一部正しい

オットに気兼ねしないで使えるお金が手元にあるということは,自分に気持ちの余裕が生まれる.また,目に見えない労働力が目に見えるお金に変わることも嬉しい.昇給すれば認められた嬉しさも感じることができる.

だけど給料が高いからといって,どんな仕事でもいいわけじゃない.そこには,やっぱり自分の志向がある.そう考えると,私が働いているのは経済的理由だけじゃないんだろう.

      

仕事をして,子どもも産んで,曲がりなりにも家事をやっている私の今の状態は,もしかして仕事と育児(家事)を「両立」していると見えるのかもしれないけど,本人には「両立」という気持ちは微塵もない.

両方を成り立たせているんじゃなくて,両方で自分なんだという気持ちが強い.どんなに肉体的にきつくても,仕事でヘマして凹んでも,働かないという選択肢がなかなか浮かばないし,子どもがいるために泊まりの出張に行けなくても,子どもなんて産むんじゃなかったとは思わない.(←一時,おねえに手を焼いていたときは,一瞬思ったかも・・・(^。^;)

だから,あれだ.(どれだ?)

つまり,両方欲しいんだな.「仕事も家庭も」両方欲しい.男性なら一般的と思える「仕事も家庭も」両方手に入れることだが,女性だと「仕事か家庭か」と考える瞬間があって,そのとき「両方欲しい!」と言っちゃう女性は,やっぱり働くんだろう.

「じゃ,なんで両方欲しいのさ?」って聞かれたら・・・・

わかんない.欲張りなのかな?」と答えるしかない.

|

« 半身浴読書~43~ | トップページ | 久しぶりにニュースにムカつく »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

あ~分かります、「両方ほしい」その気持ち。
両立できてるなんてこれっぽっちも思えないけど(むしろ両方中途半端?^^:::)仕事と家庭、両方あって自分が成り立ってるという感じ。出産後家にいたときの欠乏感がすごかったから、私にはこの生活が「合っている」としかいいようがないんですね。
結婚する前からもともと配偶者に養われるということに抵抗があったし、オットに気兼ねしないで使えるお金があるといいなという気持ちもあります。
「みんなで一緒に気持ちよく働きたいじゃん.」にコメントもTBもしようと思ってたのですが字の読める娘がおきてきて隣に座ってるのでまた今度!

投稿: たいち | 2006.06.01 06:08

BUBIさんのコメントに「どうしてもキャリアを継続させ、切らすことなく、社会とかかわりたい。できれば、子育てした経験や想いを生かして、社会的に貢献したい」なんて、大それた働く理由をかいてしまったちゃいです。

BUBIさんに追加でコメントしたとおり、これは最近になって思い始めたことです。特に「社会貢献」なんて、はっきりいって、考えたことなどなかったんですが、自分が入院して、思い始めたのです。だから、今は転職も視野に、これからのことを考えようとおもっているんですね。

それまでは「欲張りだし、両方やりたい。両方で自分の居場所がある」って思っていたのも事実。両立できてはいませんね、多分。どっちも、手を抜けるところは抜いていましたし。抜けないところだけきっちりやっていたのと、いいわけはしなかったところだけがプライドと責任感ってところでしょうかね。

投稿: ちゃい | 2006.06.01 12:17

ふふ、よいですねー♪
このエントリーを読んでいたら、私も元気づけられてしまいました。

良い意味で、言ってもいいですか^^
「ととさんの欲張りぃ~(*^^*)」って。
かっこいいです、ととさん♪

 子供を持ちながらも、その人が、仕事に対して前向きなら、いっしょに仕事をしている周りの人もきっと「応援したい」って思えると思います。応援したいというか、逆にそんなふうにがんばっている姿を見て、自分ももっとがんばろうと思えるかも。そうすれば職場のモチベーションも上がる。その結果、無駄を省いて、余計な残業も減らして仕事を進めていけるかもしれません。

 私はこのエントリーを読んで、
「そっか、両方欲しいんだ。だからみんな働くのか」
 ととても納得してしまいました^^

投稿: BUBI | 2006.06.01 13:15

>たいちさん

おかえりなさい.(*^o^*)
九州は楽しかったようで,何よりです.

たいちさんも『欲張り』ですね.ふふ♪
おんなじだ.

私の周りにはこの欲張り女性が多いけど,私の姪は専業主婦になりたいそうです.姪の友人もそう.彼女らは今23歳なんだけど,世代の違いなのかな?
でも彼女らの世代こそ,辞めたくも辞められない世代のような気がするのですけど.

コメントもTBもいつでも受付中です.待ってますよぉ~(*^^*)

投稿: とと(>たいちさん) | 2006.06.01 23:18

>ちゃいさん

大それた理由,OKじゃないですか.
志は高い方がいいに決まっています.それを公言することは,もっといいと思います.口に出していい,それを耳で聞いて,心に留めていくんですもの.

どんなことにでもきっかけはあるんだと思います.あるメーカーさんに聞いたんだけど,中国人の青年が日本に勉強に来たそうです.頭のいい彼は,あっという間にビジネスを学び成功しました.そして「日本なんてたいしたことない」と感じて帰国する直前,事故に遭いました.そのとき周囲の日本人が非常に親身になってくれたのだそうです.そのことがあってから彼は,お金だけではない心の大切さを知り,自分が豊かになったのはひとりの力じゃないんだって思ったんだそうです.
結局その青年は日本に残り(日本に帰化したそうです),意欲ある若者の相談に乗ったり,自分の事業を通じて社会へ還元することを実践しています.
そういうきっかけを感じることができるかどうかで,その後の生き方って変わってくるんでしょうね.
まさにちゃいさんの場合,入院がそれにあたるのかもしれません.もしかしたらそこで感じたきっかけは,ちゃいさんのライフワークになるのかもしれない.それは会社で働くことより,意味のあるやりがいのあることなのかもしれません.

わたし?
わたしは相変わらず,欲張りです.(^。^;)

投稿: とと(>ちゃいさん) | 2006.06.01 23:31

>BUBIさん

はい.欲張りなととでございます.(*^^*)
・・・かっこよくはないんだけど・・・ヽ(´▽`)/へへっ

こちらこそ,BUBIさんのコメントはわかりやすかった.かなりストレートだし,言葉も平易だし,何より心がこもってる.だから思わず考えてしまったんです.

わたしは仕事をするとき,プロになることを目指しています.そんな大それたプロでなくていいんです.今の職場では,とにかく商品知識を高め,それを判りやすく媒体に伝えることのできるプロフェショナルを目指しています.加えて,成り行きで今,ブランドイメージの向上について取り組んでいるので,そちらも社内ナンバーワンを目指しています.
これは子どもがいようがいまいができることで,そういう個人の目標を持つことは大事だと思うんですよね.多分それは,BUBIさんの望むプライドを持って働くということに通じていると思います.
BUBIさんの職場の子持ち女性も,目の前の業務をこなすことだけを考えるのじゃなく,子どもを持ちながら働くための人事制度を提案するとか,次に続く人(ワーキングマザー)のために出世を目指すとか,何か目標があるといいのにね.
まぁ,それこそが職場のモチベーションアップであり,そのように持っていくことが部長職の仕事でもあると思うわけですが.

投稿: とと(>BUBIさん) | 2006.06.01 23:50

はじめまして。ちゃいさんのところから飛んできました。
働くことについて、じっくり考えさせられました。何を大事にしたいかって事ですよね・・
結局は私も欲張りなんです。
でも、欲張りでいいんですよね、きっと。
いつでも充実した自分でいたいな、と思います。
自分のためにも、家族のためにも。
よかったら記事、読んでください。

投稿: maki | 2006.06.05 04:17

>makiさん

はじめまして.
TBありがとうございます.

makiさんも欲張り仲間ですね.(*^^*)
どうぞよろしく.

先ほどからTB記事を開けようとしておりますが,アメブロが混雑中のようでそちらにコメントできずにいます.
もう少しお待ちくださいませ.

投稿: とと | 2006.06.05 23:07

お礼が遅くなってしまいましたが、コメントとTB、ありがとうございました。ととさんの記事や、他の働く母のみなさんの「働く理由」を読んでみて、ぼんやりとしてしまっていた自分の「働く理由」が、まとまってきたように感じました。また、今までうまく言い表せなかった気持ちを、他の方がうまく表現してくれていたりして、自分もすっきりできたように思えたりしています。働きたいという気持ちがあるうちは、働き続けようと考えています。
また来させていただきますね。

投稿: windy | 2006.06.17 00:26

>windyさん

コメントいただきありがとうございます.

今,自分の書いたものを読み返してみても,「働く理由」と言えるほどのことは書いてないですねぇ.(^。^;)
でも正直に書きました.はい.

働くことにそんなに大そうな理由は要らなくて,憲法にも書いてある『勤労と納税』の義務を果たしてるだけだと軽く言いたいんですけどね,ほんとは・・・.
でも両親が揃って働くことで,子どもと接する時間は短くなることは事実で,時間の多少が子育ての質に同等であるとは思わないけど,やっぱり親の知らない子どもの行動は確実に増えてくると思います.(今,まさにそのことで思案中)
信頼できる親子関係を作るためには,まず自分が信頼される人間にならないといけないのだと,最近強く感じております.
この件は,近々エントリーとしてアップの予定.
その折には,是非またお越しください.

投稿: とと | 2006.06.17 23:03

こんにちは。たいちさんところからやってきました。
私は介護福祉士で認知症グループホームと訪問介護を任されているパートでして、
私も小さい子供がいたり、今年で80になる姑がいたりでなかなか時間が無いにもかかわらず、やっぱり欲張りなのか、働きたいという気持ちをずっともっていました。
昨日、仕事でかなりへこみまくり、今日もその仕事だと思うと鬱で仕方がありません。
でもこの記事を読んで、少し気持ちの整理がつきつつあります。

投稿: 藤田チエ | 2006.06.30 10:10

>藤田チエさん

はじめまして.ようこそ!(*^^*)

>でもこの記事を読んで、少し気持ちの整理がつきつつあります

そう言っていただけるととっても嬉しいです.
今日のお仕事はどうでした?少しは元気が戻ってるといいのですけど・・・.

仕事も家事も育児も,チエさんの場合は介護も,肩の力を抜いて自然体で出来れば言うことないですよね.そのために私は『無理しない・かっこつけない』を心がけてます.それでも悔しいときもあるし,凹むときもある.そんなときは『今日は,バイオリズムが悪いのさ』と,うそぶいています.ヽ(´▽`)/へへっ

投稿: とと | 2006.06.30 21:02

こんにちは。
いろんなところのリンクをたどって来ました。
「欲張りなのかな?」っていーですね。肩の力が抜けてほっとしました。ありがとうございました。

思わず、リンクを貼ってしまった記事をTBさせていただきます。
(引用文を勝手に中略してしまいました。もし不快な思いをされましたら、お知らせくださいませ。)

投稿: りんりんらんらん | 2006.08.24 03:57

>りんりんらんらんさん

はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。

肩の力抜けました?
私なんて、始終抜け抜けでそれもまたどうかと思うけど(笑)、力って抜いたり込めたりすることで予想以上の結果が得られるものですよね。

私のブログは、話題があっちにいったりこっちにきたり、まったくもってテーマもへったくれもないのですが、今後ともよろしくお願いします。

投稿: とと | 2006.08.25 08:03

『なんで働いているのかと聞かれたら』

これって、そもそも男の人に対しては向けられない質問ですよね~~~。
夫婦共働きの人たちで、妻さんの収入だけで十二分に余裕のある経済状況でも、夫が仕事を辞めて家庭人になることは殆ど考えられないケースですよね。
そんな状況でも男性には、当たり前のようにこの質問はされない・・・。

私は、働きたいというのは人として当然のごく自然の欲求だと思っています。
だから理由なんていらないって・・・。

だから、家事育児を半分とは言わなくともするのが当たり前、という感覚の男性じゃないと結婚する気になれなかったのです。

そんなこんなで、一人のまま四十路まっしぐらであります。

最近は働くのにも疲れてきて、期間限定の専業主婦でもいいかなと思いますが・・・。
もう結婚に関心がなくなりかけております(゚ー゚;


投稿: fufumi | 2009.03.13 19:35

fufumiさん

なんと!
結婚に関心がなくなりかけている???
それはたいへん!

「世の男性諸君,ここにまたひとり,素敵な女性が結婚戦線を離脱しかけておりますぞぉ~!しっかりしてくだされ!」

それはさておき,

>これって、そもそも男の人に対しては向けられない質問ですよね~~~。

そうなんですよ.
他にもありますよね,女性限定で言われる言葉.
結婚や出産のとき「仕事は続けるの?」とか.

芸能人の結婚でも,女性の場合は「結婚後も女優業は続けるそうです」とか,レポーターが言ってますもんね.男性芸能人なら絶対言わないことですよね~.

投稿: とと(>fufumiさん) | 2009.03.13 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/10336776

この記事へのトラックバック一覧です: なんで働いているのかと聞かれたら:

» 働き続ける意味 [働くペンギン]
これまで、どうして、母をしながら働いているのか、疑問に思い、答えに窮していた(「 [続きを読む]

受信: 2006.06.02 13:47

» 子育てしながら働き続ける理由・・私の場合 [Poetry Melody]
ちゃいさんの「働くペンギン」にて、働き続ける意味について、仕事と育児の両立について、さまざまな意見が交わされるていることを知り、私も5月で復帰1年を向かえ、自分なりの想いを書こうと思います。 最近は仕事がものすごく忙しく、職場でもコーヒー一杯を飲む暇もなく、いくら頑張っても仕事はどんどんたまっていき、お迎えも遅くなっています。 「私って、いい母親じゃないな・・」と思うこともよくあり、まだ「両立」という言葉に葛藤する日々です。 私が働き続ける理由・・・。 ?そもそも、辞めようと思っ... [続きを読む]

受信: 2006.06.03 01:25

» 働くっていうこと [魔法使いになろう!]
ちゃいさんのブログから、あちらこちらに跳ばせていただき、いろんな意見を拝見しました。 拝見したブログ 遠き山に日は落ちて(bubiさん)http://light-snow.cocolog-nifty.com/cocolog/2006/05/post_42e3.html ・元気に愚痴る(ととさん)http://toto-cat.cocolog-nifty.c... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 04:19

» なぜ私は働きたいのかな? [smile]
改めて、「両立」って何だろう?と思って、yahoo!辞書で調べてみた。 りょう‐ [続きを読む]

受信: 2006.06.06 06:04

» 働き続ける理由 [Windy's MamaLog]
いつも読みに来てくださっている皆さんの「働き続ける理由」を読ませていただきました。 みなさん、しっかりとした意見をお持ちなので、すごいなぁと感心してしまいました。同じこと考えているなぁ、と思えるような... [続きを読む]

受信: 2006.06.13 04:35

» 働くこと、とどのつまりは・・・ [まったりワーキングマザー]
「子供を預けてまで働くことの意義について考えるシリーズ」の最終回だす。 来週から [続きを読む]

受信: 2006.08.24 03:58

« 半身浴読書~43~ | トップページ | 久しぶりにニュースにムカつく »