« あ~,やっぱりなっちゃったよぉ (/_;) | トップページ | 半身浴読書~40~ »

2006.04.24

短歌のカテゴリーを作りました

自転車を 軽々とこいで 土手を行く

朝陽の向こう 君虹をつかめ

先日のエントリー:速報『悪夢再び』で,またまた心配なおねえの行動をお伝えしましたが,おかげさまで今は,なんとか毎日ちゃんと学校に通っています

合格前から悩んでいた部活は,やっぱり吹奏楽部に落ち着き,放送部を薦めていた母としては寂しい限りなのだけど,しょうがないので応援してます.

毎朝のお弁当は,私が作ったおかずを好きなもの順に自分で詰めて作っています.

そういえばこの前,オットが私に 「お~い.早く~俺の弁当~!!」 と言ったとき,すでに完成して後は蓋をするだけになっていた彼の弁当を,おねえは無言で指差しました.(は?もう,そこに作って置いてあるじゃん.あとは,蓋してお弁当袋に入れるだけじゃん) と,言いたげな顔で・・・.

「ははは~,ざまみろ,オット.これが母と娘の絆じゃぁ~!」(by いじわるばばぁ)

高校に入って初めての試験は,4~5人の友達と結果を見せあっこしたら最低点だったらしく,一見チョー真面目で賢げに見えるおねえは,その子達に 「(≧◇≦)エーーー! 意外に親近感♪」などと言われたらしい.

「もっと頑張れよ.(^^;;」(by はは)

    

このような感じでおねえの高校生活は始まっています.

     

kakuさんのエントリー『虹をつかむてのひら』を見て,小さかった頃のおねえのいろいろを思い出しました.

15年なんて,あっという間だなぁ.

|

« あ~,やっぱりなっちゃったよぉ (/_;) | トップページ | 半身浴読書~40~ »

育児」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

放送部!っていうことはととさんも放送部?!
実はオレも…放送部でした…。
TV/RD番組作りにどっぷりはまってました。

投稿: scapa | 2006.04.26 10:14

ととさん、

ほんと!「君、虹つかめ」と私もいつも思っています。

先日親しいママさんにお借りした俵万智さんの最新歌集あとがきにあった言葉に、歌詠みのこころを感じたので以下に転載しますね:

【こどもは、大げさでなく、一日一日変化していく。その存在に振り回される日々の中で、なんとか自分の心を言葉で追いかけてきた。
 たぶん短歌でなかったら、できなかった、と思う。子育ては、驚きと慣れの連続だ。一度慣れてしまったら、はじめの音時の感覚は失われてしまう。それはそうでなかったら、前へは進めないわけで、子供が歩くことに毎朝感動している親はいないだろう。だからこそ初めの一歩の驚きを、逃さずに31文字に刻みたい、と思った。短い言葉ならではの反射神経が、役に立った。】

数組の親子でこれから「歌詠み」をやっていくつもりです。作品載せていくので、乞うご批評!です。ととさんも、是非、続けて下さいね。

投稿: kaku | 2006.04.26 12:27

>scapaさん

残念~♪
私は,放送部ではなかったんです.もっぱら街でうろうろするのが放課後活動?でした.(笑)
でも放送部には憧れがあります.機材も珍しいし,お弁当の時間に番組をやってたりして,興味あるんですよ.だからおねえに是非,入って欲しかったんだけど親の思う通りにならないのは,世の常ですね.

scapaさんの久々のカミングアウト,大歓迎でぇ~す.(*^^*)

投稿: とと(>scapaさん) | 2006.04.26 21:42

>kakuさん

>一度慣れてしまったら、はじめの音時の感覚は失われてしまう。それはそうでなかったら、前へは進めないわけで、子供が歩くことに毎朝感動している親はいないだろう。

これ!よくわかります.
私は今,おねえが自転車に乗って駅まで行き,その後電車に乗って登校する様子を思うと,もうそれだけで「大きくなったなぁ~」って感動しちゃうんです.おかしいよね.
そして,その気持ちを言葉に乗せる作業は,とても楽しいと感じます.

短歌を作るときの,言葉を並べ替えたり削ったり,頭の中で考えてる過程も好きです.気持ちにぴったり合う言葉と,リズムが見つかったときは,難しい数学の証明を終えたような感じがして気持ちいい.

リアルでは短歌仲間はいないけど,私も続けますぞぉ~.(きっぱり!)

投稿: とと(>kakuさん) | 2006.04.26 21:49

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短歌のカテゴリーを作りました:

« あ~,やっぱりなっちゃったよぉ (/_;) | トップページ | 半身浴読書~40~ »