« 本村さんのこと | トップページ | よりによって(-_-;) »

2006.03.17

短歌,2首目.今日はakkoのこと.

たった今 送ったばかりの君が 帰ってくる

「カギ忘れちゃった」と 息弾ませて

毎朝,子ども達を玄関先で送るとき,必ず「カギ,持ってる?」って聞きます.これは,鍵っ子の宿命.鍵っ子にしてしまっている私の口癖.

でも今日は,元気良く「持ってるよ!」と言って出かけたはずのakkoが,マンションの廊下をばたばたと走り,戻ってきました.

「もう!おかあさん.あたし,カギ持ってなかったじゃん.手提げを持ってなかったら,鍵は持ってないってことじゃん!」

いっちょまえにほっぺたを膨らませて文句を言うakkoに,つい微笑んでしまった私です.

鍵を探しながら文句を言ってたakkoだけど,2回目の「いってきます」も元気良く言って出かけて行きました.

でもときどき考えます.誰もいない家に,黙って帰ってくるakkoのこと

大人でも淋しいのに,子どもならそれはもっと淋しいことのはず.「淋しくない」ってきっとakkoは言うけど,それは慣れただけだよね.それはもっとつらいじゃん,私.

私は,仕事をしている自分が好きだし,女だって夢を実現するために頑張ったっていいと思うし,女だけが『子どもか仕事か』と選択を迫られるのは変だと思ってる.だから仕事をしながら,出産や育児ができるようにいろいろな政策を打ち出すのは,当然と言えば当然.

でも,そうすることで誰もいない家に帰ってくる子ども達が増えちゃうのかと思うと,少々複雑な気持ちだ.

国を挙げて淋しい子どもを増やす方向に進んじゃってるんじゃないかと,不安になる.もしかして自分は,ものすごく我がままなんじゃないかと心配になる.

だからせめて朝の「いってらっしゃい」は,にこやかに心を込めて言ってやりたい.それは「おかえりなさい」を言ってやれない私の自己満足です

たまには,朝っぱらからケンカモードの日もあるけどね.

|

« 本村さんのこと | トップページ | よりによって(-_-;) »

育児」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

なんか、昔のことを思い出しました。
小さいときに両親が喧嘩して、母親が実家に帰ってしまい、
鍵っ子として過ごしていた時期があって、大変寂しかった記憶があります。

なので、「子供が家に帰るころには、誰かが家にいる家庭を」
と思っていたと思います。(社会人になって、結婚を考えてたころ)
実際には、そこまでの甲斐性がなくて、嫁も仕事、子供らも学校が終わった後は学童保育にいっています。
現実は厳しいですね。。。

投稿: さじった | 2006.03.18 00:22

ととさん、短歌いいですね~!
どんどん続けてくださいね^^

「いってらっしゃい」、「おかえりなさい」どきは、
親のアンテナが一番発動する時ですよね。
「おかえりなさい」が言えなくても、別の時に、
しっかりとアンテナ発動させる機会をとっていれば、
大丈夫じゃないでしょうか^^

投稿: riro | 2006.03.18 01:03

>さじったさん

akkoも小学校3年生までは、学童っ子でした。学童では帰ってくる子どもたちを「おかえり」と言って迎えます。子どもたちも「ただいま~」と言って帰ります。だからakkoの場合は、小学3年までは「ただいま」を言えていたんですよね。

でも4年になってこちらに来たら、公設公営の学童だったため入所することができませんでした。だから今は、「ただいま」を言わない生活です。反対に、私に「おかえり」を言ってくれて、それを考えると、また切なくなっちゃいます。

じゃ、働くのやめればって言われると思うけど、それもできなくて・・・。やっぱわがままだね。


>riroさん

短歌、いいですか?そう言ってもらえると、すごくうれしいです♪

>別の時に、しっかりとアンテナ発動させる機会をとっていれば、大丈夫じゃないでしょうか^^
↑家にいて、ちゃんと「いってらっしゃい」と「ただいま」を言ってあげることのできるriroさんにそう言ってもらえると、とても勇気が出ます。
同じ環境の者同士で互いに慰めあうのもいいのだけれど、それはともすれば母親の立場ばかりを考慮してしまうんじゃないかとも思うから。これは落とし穴で、似たもの同士の集まりが嵌りやすいパターンじゃないかとも思うし。

私のアンテナは、ちゃんと発動してるかしら?

投稿: とと | 2006.03.18 13:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 短歌,2首目.今日はakkoのこと.:

« 本村さんのこと | トップページ | よりによって(-_-;) »