« なぜかまた偽メールのこと思い出す | トップページ | 夜書き直すことにしようと書いたけど・・・ »

2006.03.15

昨日の夜からムカついて,今朝のニュースでまたムカつく

何に腹が立っているのか.

それは,山口県光市で起きた強姦殺人事件の最高裁での弁論に,準備不足を理由に弁護士が欠席したニュース.

これ,欠席裁判じゃいかんの?

最近では,PTA役員を決めるとき,欠席していてもその人に決まるし,文句は言えないルールになってるんだよ.

もう,いいんじゃない?こんなの,欠席裁判で.

だいたい,裁判が開かれる日程はわかっていたはずでしょ?それに間に合わないとは,これいかに?

サボってた?

昔,新素材開発をしていたときペレットが不揃いにしかできなくて,取引先に出すには不充分な出来だった.当時妊娠8ヶ月の私だったが,締め切りに間に合わせるため休日返上で実験工場にこもり,必死に押出ししてた.それほど社会人にとっては,締め切りは重要でしょ?

ははぁ~ん.弁護士先生にとっちゃ,自分がルールなんだな.

    

なんかすごくイヤなニュースで,感情的になってる.夜,書き直すこととしよう.

|

« なぜかまた偽メールのこと思い出す | トップページ | 夜書き直すことにしようと書いたけど・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

納得できませんよね。
私も朝から「なんで~?!」と車の中で
思ったおりました。

多分、弁護士だろうが医者だろうが代議士だろうが、
「先生」と呼ばれる商売が、「自分がルール」と
思われている人が多い気がします。。。

投稿: さじった | 2006.03.15 12:21

ご無沙汰です。これ、どう判断していいかよくわかんないんですよね~。普通に考えれば断罪ものなんですけど、なんというか、法廷戦術みたいなものなのかしら、なんて思ってみたり。←映画の見すぎ?
とはいえ、純粋に法廷戦術としても心象はよくないし、やっぱり選択を間違ったんだと思います。

投稿: scapa | 2006.03.15 18:13

>さじったさん

準備ができなかっただけでなく,他の用事(弁護士会の何か)があったというのが理由らしいですね.
でも,ドタキャンというのはあり得ない.

恋人なら速攻,お別れいたします.

私はこの弁護士の心の根底に,被害者への蔑みを感じます.もう,弁護士は正義の味方の代名詞じゃないんですね.


>scapaさん

こんばんは.

法廷戦術なのか,なんなのか,ちっともわからないけど,ドタキャンというのは人としてまずい.
相手は交通費と宿泊代と貴重な時間を割いて来ているわけであり,その代償をこの弁護士は支払うべきと思います.この件の損害賠償請求はできるんじゃないかしら?

私は,この弁護士の中に普通の人への見下した感情を見ています.

投稿: とと | 2006.03.15 23:04

to:all

事件が起こった頃、TTYの会議室へこの事件の事書いたっけ・・・。


>他の用事(弁護士会の何か)

まもなく施行の裁判員制度に対する、模擬対応会議絡みの用事との情報も流れています。

・・・同じ弁護士会所属のどなたかのスケジュールが突然変更になり、玉突きでスケジュールが変わりまくったのかな?

でも、異なる弁護士会へ所属している2人が同時に玉突きリスケジュールを起こして、光市の刑事事件の優先順位が最後尾になるとは・・・ちょと考えられない。

『YOMIURI ONLINE』“弁論欠席の弁護士に初の「出頭在廷命令」…最高裁”
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060317it15.htm


>ドタキャン

今回の法廷欠席に対し、最高裁判所は違反罰則ありの「出頭在廷命令」を弁護人(弁護側弁護士)へ出して、次回の法廷へは必ず出席(出廷?)し途中退席しないよう、尻を叩いたそうで。

「出頭在廷命令」については、総務省の公開している「刑事訴訟法」のページ( http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO131.html )
にある、“第二百七十八条の二”の条文が参考になると思います。


>代償をこの弁護士は支払うべき

素人が書いてるので誤認解釈してしまっているかもしれませんが、

“第二百七十八条の二”の3項(○に3)に、正当な理由なく「命令(出頭在廷命令)」に従わなかった(と裁判所に判定された)場合は、10万円以下の過料に処する決定および「命令(出頭在廷命令)」に従わない為に生じた費用の賠償を命じることができる

と書かれているようです。

ここでいう費用の賠償範囲が、裁判官や裁判所職員が待ちぼうけを食った分までなのか、検察官やその他の関係者まで含まれるのかは不明です。(おそらく、刑事裁判の場合は、裁判出廷証人まででしょうが。遺族を含む傍聴者の費用はたぶん、除外)

裁判所が「命令(出頭在廷命令)」に従わなかった者へ直に決定・命じる過料や損害賠償命令以外に、弁護人(弁護士)の所属する弁護士会経由でも懲戒処分が下される事があるそうですが・・・もう1度、弁護人席を空席にしたら弁護士会としても「処分なしと決しました」と裁判所へ報告するのは、難しいでしょうね、きっと。

『東京弁護士会法友全期会』「常議員会ニュース」(平成17年11月3日 第6号)“第34号議案”
http://www.zenkikai.com/jogiin/jogiin1706.htm

* 戦術に長けて戦略に沈む? // westwind@周防国 *

[profile:Toto_200603152304?依頼人に利するのが一番のお仕事;弁護士]

投稿: westwind | 2006.03.18 16:35

本当にムカつくニュースでした。
全く何を考えてるのか、この弁護士。普通の感覚なら出来ないことですね。

投稿: mac | 2006.03.18 17:24

>westwindさん,macさん

コメントありがとうございます.

最近テレビのニュースで耳にしたのですが,この弁護士は死刑制度廃止論者で,この裁判を担当する判事は,あと数ヶ月で定年だそうです.なので,もしこの判事をやり過ごすことができれば,もう一度仕切り直しになるらしく,そこが彼のねらい目なんじゃないかと言ってました.(まぁ,報道がどこまで正確なのかは不明ですが)

いずれにせよ,このようなやり方がまかり通る司法の世界では,一般人の感覚は通用しないのでしょう.

投稿: とと | 2006.03.18 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の夜からムカついて,今朝のニュースでまたムカつく:

« なぜかまた偽メールのこと思い出す | トップページ | 夜書き直すことにしようと書いたけど・・・ »