« タイミング逃しちゃったじゃん! | トップページ | 不登校の子が卒業式に来た場合 »

2006.03.10

半身浴読書~35~

013502420000 『幼な子われらに生まれ』 / 重松清,読了.

バツイチ同士の再婚カップルに,新しい命が授かるところから物語りは始まる.ありふれた家庭でも,お姉ちゃんになるというのは子どもにとってストレスが大きいのに,このうちでは,上の女の子が家庭の事情を知っている.当然,彼女の反発は想像に難くない.

ストーリーは,このバツイチ再婚夫婦の夫の目線で進行する.

私は,この男が大嫌いだ.ものすごく勝手だからだ.

例えばこうだ.

男が離婚したのは,学者として自分のキャリアを求める女に対して,自分の妻として生きてくれるように望んだことが理由のひとつだ.その時点では,男は従順な女を求めていたはずだ.

再婚相手の女は,男に自分を預ける女だ.自分で決めずに,心をさらけ出し相手に預けて方向を決めてもらう生き方の女だ.そして男は再婚するときに,その生き方を認めていたはずだ.

なのに,娘の反発をきっかけに,『前妻なら自分で決めたはずだ』だの,『前妻なら余計なことは言わずに,娘に心のうちを話させていたはずだ』だの,まるで前妻の方が良かったとでも言いたげな感情を持ち始める.

それはずるいだろ

自分で決断できる女には男に頼る従順さを求め,従順な女には自分で生きる決断力を求める.その足りないところを見つけて相手に不満を持つなんて,どうかしてる.

目の前にいる人を好きになれないのら,幸せにはなれんだろ.

物語が残り少なくなるまで,私はこの男が嫌いだった.でも最後の最後,彼も少し成長したようだ.きっとこの家庭は大丈夫だって思えた.

そして昨日.14歳の中学生が自分の部屋に火をつけて,幼な子が亡くなった事件があった.今日になって,その男の子は実父と継母と腹違いの妹の4人家族だったと知った.

私は,家庭環境で犯罪が起きるとは思っていない.ただ,このニュースを聞いて,この物語を思い出したよ.ついでに荒れに荒れてたおねえのことも・・・.この事件って,すぐ近くにあるストーリーなんだ.

|

« タイミング逃しちゃったじゃん! | トップページ | 不登校の子が卒業式に来た場合 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

~私は,家庭環境で犯罪が起きるとは思っていない~
は、私も同感。

だけど、最近の報道のあり方を見ると、
「"家庭環境のせい”にするほうが簡単なんだ」
と思わざるを得ません。
中国の人が奥さんだからとか、継母だからとか、
事件があってすぐに報道する必要があるのでしょうか?
「自分たちと違う、特殊な環境だから」
と言う理由をつけることで、自分たちがそうなることはない
と言いたげで、納得できかねるところがあるのです。

投稿: さじった | 2006.03.11 08:18

>さじったさん

>「"家庭環境のせい”にするほうが簡単なんだ」
↑なるほど.そういう面はあるかもしれないですね.

驚くような事件が起きると,理由が欲しくなる.その理由は,これまでの常識で納得しやすいものがいいし,そうなると家庭環境や親の育て方に原因を求めるのが楽なのかもしれません.

でも同じような家庭環境で頑張っているお父さんやお母さんもたくさんいて,その人たちは今,このニュースを見聞きする度に心が痛くなるんじゃなるかなって思います.

私はやっぱり,一番の原因は本人だと思うのです.

投稿: とと | 2006.03.11 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/9027022

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~35~:

« タイミング逃しちゃったじゃん! | トップページ | 不登校の子が卒業式に来た場合 »