« 早くも露呈,私のボロ. | トップページ | 時を戻せたらいいのに »

2006.02.19

半身浴読書~32~

4062632853 『ステップファザー・ステップ』 / 宮部みゆき,読了.

これは,漫画だ.漫画の味わい.私は長編が好きなので,こんな風に細切れの連続ドラマ的展開は,あまり好みじゃありません.

登場人物たちが考えられない突拍子もない設定で,おそらく連載だったために何度もその設定を繰り返し説明しなきゃいけない状況で,当初はそれが鬱陶しくてどうしても本に気持ちが入っていかなくて困った.

でも読み進めていくうちに・・・・そう,ステップファザーが双子の息子達に気持ちを移していくのと歩を同じくして,自分もだんだんとこの物語に引き込まれていくのを感じました

人は,手にしたものを失うとき予想もできないほどうろたえるのだ.それがイヤで,手にしないように気をつけていても,自分の感情を自分で殺すことはできない.

双子達と一緒にいるときに感じる幸せ感を失うことは怖いけど,失う瞬間を恐れて手にしないことは,もっと馬鹿げてる.

手にしたらいいんだよ.失うか失わないかなんて,どうでもいい.大切なのは今の幸せ感だ.将来のことなんて,誰にもわかりゃしない.そう思って3人で食べたバーベキューは,旨かったに違いない.

ほんとの父親の声を聞いたとしても・・・ね.

|

« 早くも露呈,私のボロ. | トップページ | 時を戻せたらいいのに »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これはもうほとんどありえないお話ばっかりを詰め込んだようなものですよね。
宮部作品では少年が賢すぎるけど、この双子は反対に年齢よりも幼く感じられます。
続編もしできるとすればどんな内容になるでしょうね。

投稿: covaemon | 2006.02.20 09:13

>covaemonさん

そうそう.あり得ない設定であり得ない展開で,あまりにも都合のいい結末.
でもこの本の肝はきっと,そういうあり得ない展開にあるんじゃなくて,擬似家族の気持ちのつながりとか,人から盗むのが仕事の泥棒さんが何かを奪われる不安に襲われるところとか,そういう部分なんじゃないかと思うので,あり得ない展開も許せるんですけどね♪

続編かぁ~.(-_-)ウーム
やっぱ本物の父親が現れるところからはじまるのかしらね.

投稿: とと | 2006.02.20 19:36

ああー、そうかあ、「人から盗むのが仕事の泥棒さんが何かを奪われる不安に襲われるところ」おおー、そうなのかあ。それには全く気がつかなかった。ああ、なんてぼくって単純で単細胞なんだろう。さすが、ととさん。いや、見直しました。ぼくはととさんファンクラブに入会いたします。

投稿: covaemon | 2006.02.20 20:27

>covaemonさん

(/(エ)\)キャー
ファンクラブだなんてぇ~♪

ε=ε=ε=ε=ε" "(/*'-'*)/テレテレ
でも・・・
(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!

おっと,年甲斐もなくコーフンしてしまいました.
失礼いたしました.(*- -)(*_ _)ペコリ

でもこうやって,互いに読んだ本の感想を語ったり,聞かせてもらったりするのって楽しいね~(*^o^*)

投稿: とと | 2006.02.20 22:54

そうでしたねー。ととさんは長編好みでしたもんね。

ただ、このライトな雰囲気も楽しんでいたようですね^^

漫画の味わい、っていうの頷けます。

泥棒が、段々とお父さんぽくなっていく様が、よかったかなぁ。

賞を貰うのとか、世間に認められるのって、「重い」ものを扱った方が向いてるんだろうけど、こういう軽いのも間に書いて欲しいなと思うんだ。

投稿: dai | 2006.02.21 09:33

>daiくん

そうだね.たまにはこういう軽いのもいいかも.

泥棒さんと双子ちゃんって,きっとどこか惹かれあうものがあったということだろうね.だって水と油じゃ,いくら混ぜたって混ざらないもの.
3人は,密度の違う液体がゆっくりゆっくり混ざり合っていく感じだなって思いました.

途中,泥棒さんが双子ちゃんにお別れを言う場面があるでしょ.あのときは悲しかったなぁ.泥棒さんの気持ちがチクチクと沁みてきて,ぐっときました.
自分の子離れのときを想像してしまったのかもね.

投稿: とと | 2006.02.21 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/8741955

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~32~:

« 早くも露呈,私のボロ. | トップページ | 時を戻せたらいいのに »