« 半身浴読書の謎 | トップページ | あふれ出す感情 »

2006.01.15

半身浴読書~29~

021729180000 『道ありき』 / 三浦綾子,読了.

これは,三浦綾子の自伝小説です.そして,美しい恋愛小説でもあると感じました.

三浦綾子と前川正の恋愛は,プラトニックで非常に清らかな恋愛です.互いに手紙を出し和歌を詠む.そして,本を読んで感想を語ったり,聖書を読んで信仰を深めたりすることのひとつひとつが,二人のデートなのです.

私は,近頃顕著なすぐにパンツ脱いじゃうような恋愛や恋愛小説より,三浦綾子と前川正のような恋愛が好きです.綾子を見舞いにきた正は,別れ際になかなか帰れないでいるんです.どうしたのかと綾子が思っていると,彼は「いえ,お別れに握手をしたいと思ったのですが,どうしても上手く言えなくて」と恥かしがる.そんな二人の関係に,心を引き込まれながら読んでいました.

前川正が亡くなる場面では,あふれる涙を止めることができませんでした.

彼は,死んでいくであろう自分を予想していました.そして,綾子にこんな遺書を残しています.

(前略)

 一度申したこと,繰返すことは控えていましたが,決して私は綾ちゃんの最後の人であることを願わなかったこと,このことが今改めて申述べたいことです.生きるということは苦しく,又,謎に満ちています.妙な約束に縛られて不自然な綾ちゃんになっては一番悲しいことです.

(後略)

『道ありき』 / 三浦綾子 より

この遺書が,後の三浦光世さんとの結婚に綾子を導くものなのですが,前川正という人がとても自由で強い人なんだと感じました.

正を亡くしたあと,綾子はたくさんの和歌を詠みます.その和歌が,また私の心を強く揺さぶって,泣けて泣けてしょうがなかった.(しかもちょうどその場面を,美容院で読んでいたため,私はかなり怪しい女に見られていたことでしょう・・・)

三浦綾子さんは敬虔なクリスチャンで,この本にも信仰のことがたくさん出てくるんだけど,それには全く興味を覚えず,私は,たくさん出てくる和歌に興味を持ちました.大胆にも,自分も詠んでみたいなんて,思ったりして・・・.(^。^;)

私がお邪魔してるブログの管理人さん(名前は伏せておきましょう.ご本人の了解をいただいていないので)が,今年から『こっそり読書ブログ』(こちらも敢えてリンクなし.なにせこっそりなので,ご本人に了解をいただかなくっちゃね)を始められたので,私も『こっそり和歌ブログ』,はじめちゃおっかなぁ?

雲ひとつ流るる五月の空を見れば君逝きしとは信じがたし

君死にて淋しいだけの毎日なのに生きねばならぬかギプスに臥して

『道ありき』 / 三浦綾子 より

--------

【追記 2006.1.15】『こっそり読書ブログ』の管理人さんにご了解いただきましたので,TBさせていただくことにいたしました.

TB先はここ:『2005年に読んだ本の記録』 / こっそり読書ブログ

|

« 半身浴読書の謎 | トップページ | あふれ出す感情 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ととさん、こんにちは^^
わはは!管理人って私のことですね♪

お気遣いありがとうございます。
でも、そんないちいち断らなくてもいいですよ。
ととさんと違って下手くそな感想で恥ずかしいって
だけですから~^^


>私も『こっそり和歌ブログ』,はじめちゃおっかなぁ?

ぜひぜひ♪


>私は,近頃顕著なすぐにパンツ脱いじゃうような恋愛や恋愛小説より,三浦綾子と前川正のような恋愛が好きです.

激しく共感!(爆)
プラトニックラブいいですよね~。
この本もチェックしておきます(^v^)

ととさんの感想を読むと本当に読みたくなっちゃいます。

投稿: ぶんぶん | 2006.01.15 16:55

>ぶんぶんさん

そうでぇ~す♪ぶんぶんさんのことなんです.(*^o^*)
悩んだんだけど,なんてったってタイトルが『こっそり読書ブログ』なので,あまり宣伝しちゃいけないのかなって思っちゃいました.OKとのことなので,リンクつけてTBさせていただいちゃいますね.

それにしても

>ととさんの感想を読むと本当に読みたくなっちゃいます
↑これ,ほんとに嬉しいお言葉です.
「ありがとうござます!」(*- -)(*_ _)ペコリ

よぉ~~~し.頑張るぞぉ!(*^o^*)

投稿: とと | 2006.01.15 18:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/8156981

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~29~:

« 半身浴読書の謎 | トップページ | あふれ出す感情 »