« ちょっと!これ、どうなってんの? | トップページ | 今ホットな,私的問題 »

2005.12.19

殺人を犯した未成年を更正させる意味

大阪で姉妹が殺された.犯人は,16歳のときに母親を殺していた男だった.

男は,中等少年院を出て保護観察が終わったばかりだったという.

母親を金属バットで殴り殺した男更正の可能性があるとした家庭裁判所更正できないばかりか,さらに二人の命を奪った結果.

人殺しの未成年を更正させようとすることの,メリットとリスク.

リスクの高さはこの事件を見れば明らかだ.この事件以外にも,確か三菱銀行に立てこもった犯人は,未成年のときに婦女暴行殺人(強盗殺人だったかな?)を犯していたと記憶している.

では,このリスクを覚悟してまでのメリットは何か?

中等少年院をでたあと,彼は,優秀な納税者になることはできるのか?自分が少年院で使った税金分くらい納税できるほど,まっとうな仕事で稼ぐことは出来るのか?

より残酷な事件を起こすかもしれないというリスクを覚悟できるほど,殺人者の未成年を更正させることは魅力があるだろうか?

少年院や刑務所に行かなかったいわゆるフツーの人でも,生きていくのは難儀なものだ.殺人という最も反社会的な行動で少年院に入り,そして出てきた者が,その難儀さを堪えることができるのか?フツーの人より,もっと難儀な状況になっているのに.

こんな事件ばかり見ていると,これはもう,運命として受け入れるしかないのかと思ってしまう.命を数量としてカウントすれば,このような事件で亡くなる人数より,アフリカで飢餓や病気で亡くなる人数や,イラクの自爆テロで亡くなる人数の方が数量では上回っているのだろうし,日本で交通事故や自殺で亡くなる人数の方が多いのだろうし.

数量で考えれば,日本中で亡くなる人のうち,未成年のときに殺人者となった人間に命を奪われる人は,ごく僅かに違いないし.

だからそのリスクは,受け入れるべきなのか・・・

でもなんか悔しいじゃない.一旦は捕まえて隔離できていた殺人者が,何も保証の無いまま解き放たれ,その毒牙にかかってしまったら.

なんかすごく悔しいじゃない・・・・・

|

« ちょっと!これ、どうなってんの? | トップページ | 今ホットな,私的問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ども、とと さん。

偶発的な場合がほとんどの事故死と発生頻度を比べても、あまり意味が無いような・・・"瞬間湯沸かし器"君が暴発したというのであっても、ちょいと殴り過ぎて(障害致死)って辺りが比較可能な限度でしょう。

もし比較する意味がある状況があるのだとしたら・・・『悪の枢軸』だかなんだかわかりませんが、どこかの集団(国家を含む)が、周辺の国に住む人達の財産等を目当てに襲撃してくる位かしらん?

運命か・・・「未成年は罪を犯しても名前等、身元を特定される情報は公開されない」という法のゆりかごが、「成年になってから犯した罪を報じる記事の補足として、未成年時犯歴を公開」という形で、さらに小さくなっていくのも、きっと運命なのでしょう。

今にゆりかごそのものが消えるかもよ(特に年長少年)。緩くなったとはいえ北風吹く、お財布市場でどうするつもりなのかな?

* 追い詰めるとさらに罪を重ねるかな? // もののけ *

[profile:Toto_200512192319]

投稿: westwind | 2005.12.24 00:23

>westwindさん

比較はですね,単純に『死』という結果についてしたものなんです.交通事故で死んでも,未成年時に殺人者となった人間に殺されても,大切な人が亡くなるという結果には違いないですから.そのうえで,こんな悲惨な事件に巻き込まれる人は,ごく僅かだろうと比較したのです.

この世の中,数は力なので,被害者が少ない場合は,我慢させられることが多いですよね.だからそういう殺人者がいるこの世の中を,運命として受け入れるしかないのか・・・っていう,ちょっと悲観的な気持ちになったのです.

では,どうしたらいいのかということだけども,いい方法は思い浮かびません.いつまでも刑務所に入れておくのがいいのか,いっそのこと死刑にすべきか.どちらにせよ,『殺したいほど腹が立つ』のと,『実際に殺してしまう』のとでは,大きな差があるし,他の犯罪とは一線を画してもいいのではないかと思っています.

投稿: とと | 2005.12.24 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 殺人を犯した未成年を更正させる意味:

« ちょっと!これ、どうなってんの? | トップページ | 今ホットな,私的問題 »