« オットに感心した | トップページ | 京都紅葉ツアー2005(おまけ) »

2005.12.03

京都紅葉ツアー2005(その3)

京都紅葉ツアー2005(その2)の続きです】

さて,京都ツアーに戻りましょう.

     

2日目は,高桐院へ.

ここは,ガラシャ夫人の住まいだったそうで,茶室もいくつかあり庭もきれいでほんとに良かった.私的には,今回のツアーではここが一番好きだ

そう思うには理由がある.庭が素敵なのは言うまでもないが,茶室がいいのだ.

私,こう見えても(←見えてないって!)お茶人でして,表千家の講師の資格を持っております.以前は,着物を着てお茶席にも出ておりました.お茶事にも参加させていただいておりました.

好きなんですよね.ちゃんとした茶室でいただくお茶.着物も大好きだし,お抹茶も和菓子も,茶碗の鑑賞も好き.茶室で過す時間が好きなんでしょうね.

そういうことを,この高桐院で思い出してしまいました.

またお茶のお稽古始めようかな?でも今の自分に,そんな時間あるかな?私って,あれもこれもやりたがりで困ってしまう.寝てる時間がもったいないよ,でも寝なきゃ体がしんどいし,お布団に入る瞬間の幸福感も捨てられない.あ~,欲張りな自分・・・・(-_-;)

高桐院を出た後,今度はショップめぐり。

去年から行きたかった一澤帆布へ.ここは,友人が京都旅行したときに行ったお店で,そのときから興味深々だったところ.なのに・・・・.日曜日が定休日だったなんて・・・・.がーん…llllll(-_-;)llllll

「そんなにかばん屋さんに行きたかったの?」と言って,オットが案内してくれたお店がTEMAS

ここは黒にこだわったお店で,置いてあるものは全て黒.そして和.

かっこ良かったけど,お土産にするほど気軽な値段でもなく,また,気合を入れて買うには選択肢が少なくて,結局覗いただけ.お店にいた人は,気さくな関西人で話しやすい人でしたよ.でもごめんね,買わなくて.(^^;)

DSCF0464 で,歩きつかれての休憩は,ドトール.そして,靴が小さくて足の痛みを訴えていたakkoのために靴を購入.靴を買ったのは,ABCマートなんじゃそりゃ?京都じゃなくてもあるじゃん.私の住んでる隣町にもあるじゃん.┐( -"-)┌ヤレヤレ...

とはいえ,高桐院を満喫し,京都駅では偶然やっていた先着80名様のうどんの試食もできたし,有意義に過すことが出来ましたぞ.

DSCF0465 後は帰るだけ.ちなみに京都駅新幹線上りのホームはこんな感じ.ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!! 人,大杉.

 

         

京都紅葉ツアー2005 あっけなく完////

|

« オットに感心した | トップページ | 京都紅葉ツアー2005(おまけ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ととさん、お久しぶりです。
tomosukeです。カキコはしてませんでしたが、ロムさせてもらってました~。
今回は一澤帆布の事が書いてあったので思わず出てきてしまいました(笑) せっかく行ったのにお休みで残念でしたね。
私は行ったことがなく通販専門ですが、送料はかかりますが、請求すれば色見本と「わら半紙」のカタログ(?)も送ってくれますよ。

行った友達の話だと、開店前に整理券をもらって順番待ちだそうです。入った頃には商品はほとんどなく、注文してかえってきたとのこと。私も久々にお買物しようかな。昔かったのは擦り切れて、もう使えないので。
(届くのは忘れた頃ですが。)

投稿: tomosuke | 2005.12.04 00:23

あれ、もう終わっちゃったのですか?
もっとドタバタかと思ったのですが、京都は楽しかったですか?
ぼくは、大阪に住んではいますが、あんまり京都は行かないですね。でも、TEMASって店は行ってみたいです。
ととさんが、お茶人である事は充分見えております。おしとやかで、もの静かで、落ち着いていて、純和風。もうお茶人そのものですよね。
もし、機会があれば、ベタベタの大阪にもお越し下さい。

投稿: covaemon | 2005.12.04 01:49

>tomosukeさん

お久しぶり!なんか嬉しいよぉ~♪

一澤帆布ってそんなに人気のお店なんだ。知らなかったよ。
tomosukeさんは、どんなバッグを持ってたのかしら?使いやすかった?

また気軽にコメント残してね。
そういえばぴーちゃんは、横浜に引越しするみたいだね。


>covaemonさん

まさに!ほんとにそうだ!TEMASは、covaemonさんの雰囲気にぴったり!(会ったこともないのになぜか、自信たっぷりな私^_^;)
是非、行ってみてくださいな。

>おしとやかで、もの静かで、落ち着いていて、純和風。もうお茶人そのものですよね。
↑こ・これは、このまま受け取ってよいのやら?かなり、悩んでます。(^_^;)

でも、万一冗談でないとして、もし大阪に行くことが会ってcovaemonさんに会うチャンスがあったとしても、きっと私に気がつかないことでしょう。どうみても、お茶人でもおしとやかでもないものですから・・・。あは(~_~;)

大阪には、そのうち仕事で参ると思われます。でも出張じゃ、観光はできないですよねぇ。

投稿: とと | 2005.12.04 20:43

いいなあ、今日と、じゃなくて京都。
私も一澤帆布に反応して出てきてしまいました。
子どもの生まれる前に行ったとき、ガイドでチェックして
楽しみにしてたのに、休みで涙を飲んだんですよ!
以来ご縁はないままです。
通販もあるんですか。いやはや、しっかり商売してるんですねえ。
そういや「よーじや」も通販やってた気がしますね。

投稿: たいち | 2005.12.04 23:29

>たいちさん

たいちさんも定休日に当たったんですね。おんなじだぁ~。(*^_^*)

一澤帆布って有名なんだと、tomosukeさん、たいちさん、そして京都紅葉ツアー2005(おまけ)のつつじさんのコメント見て、改めて感じましたわぁ。
京都にしか店がないっていうのが、いいと思うのよね。他のブランドとは違う展開が、より消費者の『欲しい』っていうハートをくすぐるのかな?

で、私は「よーじや」を知らないのです。早速、グーグル先生に教えてもらわなきゃ。

投稿: とと | 2005.12.05 21:00

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都紅葉ツアー2005(その3):

« オットに感心した | トップページ | 京都紅葉ツアー2005(おまけ) »