« 男の浮気をめぐる話:追加 | トップページ | バカの壁だけじゃない.壁はそこらじゅうにいっぱいある. »

2005.09.02

アメリカで起きていることは他人事じゃないよね

アメリカを襲ったハリケーン『カトリーナ』のニュースを見ると,どうしても,その後の様子も見えてしまいます.

略奪・・・・

日本で阪神大震災が起きたとき,略奪なんて起こらなかった.みんなで助け合って,秩序を保とうと努力したよね.いざこざはもちろん起きたと思うけど,今,アメリカで起きているようなことは,なかったよね.

この違いは,日本人だからというわけじゃない.アメリカ人だからというわけじゃない

生命の危機を感じるような極限状態のとき,秩序は自分の生命を守ってくれない.そういう場面で自分の生命を守るのは,己の腕力だったり,機敏さだったりするのだろうと思う.それが今,アメリカで起こっていることなのでしょう.

アメリカにはそれほどの貧困層があるということなのでしょう

日本もアメリカのような資本主義を目指しているのかもしれないけど,その結果があの略奪では,あまりにも夢がない.

中間層が多いと言われる日本社会は,意外と良い社会なんじゃないかと思っています.

将来,一部の勝ち組とたくさんの負け組みが生まれると仮定して,万一自分が勝ち組になったとしても,貧困層が増えるようなことになれば,治安の悪化も心配だし,あまり幸せとはいえないんじゃないだろうか.

頑張った人がそれ相応の対価を得るのは当然だけど,真面目に生きていく気力さえ失わせるような格差の固定や拡大は,良くないんじゃないかと思いながらニュースを見ています.

|

« 男の浮気をめぐる話:追加 | トップページ | バカの壁だけじゃない.壁はそこらじゅうにいっぱいある. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!リーヴルと申します。
先日はコメント、どうもありがとうございます。
コメントが長いなんてとんでもない!
大歓迎でございます。
また、時々見に来てもいいですか?
特に「半身浴読書」という言葉に惹かれてしまった
ので…。

投稿: リーヴル | 2005.09.03 00:41

日本社会主義国といわれていたバブルの時のように、
「国民皆中流階級」
というような社会が良いのかもしれません。

「官僚が無駄遣いしない」
という、大変難しい条件が付きますが・・・。

投稿: さじった | 2005.09.03 08:13

 ども、とと さん。

>その結果があの略奪では,

「各個人は3日分の自活備蓄を」ってのが成立しない位、余裕が無いのかしら?それとも、火事場泥棒も“経済活動”の内と考える荒廃が普段から隠れてるのかしら?

銃器はふんだんに売られている(個人の自衛権を行使する号具として保有が認められている)というのも影響しているのかなぁ‥病院行きの補給医薬品等を積んだ船が銃撃襲撃されたって例も、今朝のNHK BS経由で流された米ABCニュースで流れてましたから。

ハリケーンで荒廃した国土に銃器はたくさんある・・・
中東のどっかの地域にどことなく似ているようにも見えるのは気のせい?.....爆弾はさすがに無いけどね。

#東海・東南海・南海の3地震が一度に来たら、日本も自分を守るのも厳しい事になる?<9/01 防災の日のNHK特集


>格差の固定や拡大

一番まずいのは偉大な親の遺産のおかげで、最初から有利な立場で“人生ゲーム”を始められちゃう方が出てきちゃう場合かな。そこそこの努力で“大富豪”の座を維持できる・・・

“貧民”から自分の利潤とは無関係に有能な人物を発掘する等の手助け事業を行なえば、“大富豪”の地位であっても、“襲撃”される心配が多少は減るだろうけど。

* ワンコで遊んでます westwind@周防国 *

[profile:Toto_200509022252]

投稿: westwind | 2005.09.03 09:29

>リーブルさん

こんにちは。

>また、時々見に来てもいいですか?
↑時々と言わず、毎日どうぞ!(笑)

読書は子どもの頃から好きでしたが、大人になってからは時間がなくて、本から遠ざかっていました。そんなとき半身浴で本を読むという方法を教えてもらい、今はすっかり半身浴読書に夢中です。
書評は不得意ですけど、感想は残しておきたい性質なので、地味ぃ~に書いております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。


>さじったさん

どんな社会がいいのか、こういう場面を見ると考え込んでしまいます。
人はどこまで行っても、金にもてあそばれる玩具のよう・・・・

ニュースで映し出される映像は、まるでアフリカ諸国のようで、人種差別や教育の問題は、目の前にある・・・と感じました。


>westwindさん

教育が充分に受けられず、また、規範意識も育っていない人たちがきっとたくさんいるのでしょうね。また、真面目に生きていても暮らしはいっこうに良くならないことを実感していれば、いまさら真面目にできないという気持ちになるかもしれません。こんな非常事態なんだから、奪ったもん勝ちという考えが起きるのでしょうね。

これが世界の超大国の現実でもあるのですね。

投稿: とと | 2005.09.03 11:23

こんにちは。
ウチのブログでもとりあげた『1985年』という本の中で
当時の国民意識調査の結果が出てます。
それによると当時の中流意識は88%という。時代だなと思う反面、実は今も変わっていないんですね(直近89%)。
また「物の豊かさ、心の豊かさ」という調査では半世紀にわたって一貫して「心の豊かさ」を望む声が増えています。
これは「無いから欲しい」のか「そうあり続けたい」ということなのか、ですが、失いたくないものです。
http://www8.cao.go.jp/survey/h16/h16-life/index.html

投稿: kochikika | 2005.09.04 12:24

>kochikikaさん

そうですか.今も中流意識は強いのですね.

資本主義が進み,アメリカのようになるということが,必ずしもみんなの幸せかどうか,わからなくなってきました.極めて日本的といわれる終身雇用制も,実は,悪いことばかりじゃないと見直されてもいるようだし,日本も捨てたもんじゃないなって思ってます.

ところで,kochikikaさんが教えてくださった国民生活に関する世論調査,すごいボリュームなんだけど,面白いことが書いてありますね.『老後は誰とどのように暮らすのがよいか』なんて,すごく興味深かったです.(*^o^*)

もうひとつ,違う話.
実は私,kochikikaさんの【吉崎達彦著『1985年』を読んでの話】を読むまで,てっきり私より年上のお方だと思っておりました.すみません.私のほうが,長生きしていたんですねぇ~.(^-^;
勘違いしておりまして,失礼いたしました.
(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: とと | 2005.09.04 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで起きていることは他人事じゃないよね:

» 死んだのは貧乏人 [大学教員の日常・非日常]
元気に愚痴る♪よりアメリカを襲ったハリケーンのニュースを見ると,どうしても,その後の様子も見えてしまいます. 略奪・・・・ (略) 生命の危機を感じるような極限状態のとき,秩序は自分の生命を守ってくれない.そういう場面で自分の生命を守るのは,己の腕力だっ... [続きを読む]

受信: 2005.09.05 00:11

» ハリケーン、避難、大量の死者と略奪 [5号館のつぶやき]
 アメリカの超大型ハリケーン「カトリーナ」に対し、避難命令が出てたくさんの人が車で避難する光景をテレビで見ていたにもかかわらず、今日のニュースではの被害について、ミシシッピ州ビロクシ市の報道官は死者数が最終的に「数百人」に上る恐れがあると発表しています。  どうして避難しなかったんだろうと、今朝のニュースを見ながら考えていましたが、映像では洪水の中から救出されるほとんどの人がアフリカ系アメリカ人でした。それを見て、避難しなかったのではなく、貧困で車がないあるいは高騰しているガソリンが買えないな... [続きを読む]

受信: 2005.09.05 12:53

« 男の浮気をめぐる話:追加 | トップページ | バカの壁だけじゃない.壁はそこらじゅうにいっぱいある. »