« 新代表、決まったんだね。 | トップページ | 思考が先か、行動が先か。 »

2005.09.18

半身浴読書~18~

022794840000 『リトル・バイ・リトル』 / 島本理生,読了.

少しですがネタバレありますので,読みたくない方はスルーをお願いします.

高校を卒業したばかりの女の子の日常を,淡々と書いた作品.たいへん読みやすかったけど,奥行きが感じられなくて,印象はあまり強くない作品でした.この間,伊坂幸太郎を読んだばかりということも,影響してるかも?

でも,感情が揺さぶられるところもあって,それは,主人公の女の子が書道の先生と一緒にお昼を食べる場面.奥さんをなくしたばかりの先生が,「言霊って本当にあるんだよ」と言い,「100歳まで一緒に生きようと言えばよかった」と言う場面です.

私も言霊はあると思っています.だからできるだけ,夢や希望は声に出して言うようにしています.そして,悲観的な予想は自分の胸にとどめておく.そうやって自分の周りの空気を,なるべく明るいものにしておきたいって思っています.

考えが広がっていくテーマもありました.

自分はラッキーなことに,両親が離婚するということもなく,ごくありふれた家庭で育ってきました.でも,主人公の女の子は両親の離婚を経験していて,その父親はろくでもない父親なのに,気持ちのどこかでその父親を求めているのです.

私の友人にも,両親が離婚している子は結構いて,例えば真希の場合,離婚して東京に住んでいる父親から今でもお金の無心をされると言ってました.私が「そんなの無視するんでしょ?」と言ったら,あいまいに笑って「でも,かわいそうじゃん」と答えるのです.この気持ちは,主人公に共通する気持ちなのかなぁ?

子どもはいつでも大きな心で親を許しているし,求めているのかもしれない

私も子ども達に許してもらいながら,親を務めさせてもらっているのでしょう.ありがとね.

【文中の名前は仮名です】

|

« 新代表、決まったんだね。 | トップページ | 思考が先か、行動が先か。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
はじめまして。

どうしてもさらっと読めてしまう本でしたね。
でも、思いを言葉にするのは大切なことかもしれませんね。目標とか言葉にしちゃうと自分と約束したみたいで、守らなくちゃって気分になりますもの。自分との約束ですら守れないなんてって思って頑張れちゃう気がします。
僕も両親が離婚していないのでなんとも言えないのですけど、そういう経験を持っている人は思ったよりも強く生きているのかもしれませんね。

今後ともどうぞよろしくです。

投稿: kbb | 2006.03.23 04:21

>kbbさん

お返事遅くなってごめんなさい.

私もこの本の印象がとても薄かったので,思わずTBしちゃいました.

>そういう経験を持っている人は思ったよりも強く生きているのかもしれませんね
↑そうかもしれない.私の友達も,そんな感じでした.そういうことを話せるようになったときに,すでに過去のことなのでしょうね.

投稿: とと | 2006.03.28 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/5995913

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~18~:

» リトル・バイ・リトル [あれやこれや]
「リトル・バイ・リトル」 島本理生 おはようございます。桜も咲いてやっと春らしくなってきましたね。WBCで日本も優勝したし、なんだかうれしいニュースがいっぱいあって、素敵な春になりそうですね。でも、まだまだ朝は水が冷たいんだななんてお米を研ぎながら思いました..... [続きを読む]

受信: 2006.03.23 04:14

« 新代表、決まったんだね。 | トップページ | 思考が先か、行動が先か。 »