« 野茂投手おめでとう.そして,好きです.(*・・*)ポッ | トップページ | ひとりの人に愛されたい »

2005.06.18

半身浴読書~9~

000217780000『 殺意・慟哭』/乃南アサ,読了.

同じことを繰り返し繰り返し書く手法,あたしには向いてない感じです.やっぱり,どんどん物語が展開していく方が読みやすいし,わくわくします.

そして,『殺意』で書かれている殺人者になった理由が,いまひとつ納得できない.今まで,殺人に向かう犯人の気持ちに触れた小説をいくつか読んだけど,それなりに共感できた.でも,この犯人がなんで殺人に至ったのか,正直言って共感できなかった.

でも,すごく納得した部分もたくさんある.それは,殺人者になってからの犯人の気持ちだ.

例えばこの小説のごくはじめで,刑事が殺人を犯した理由を尋ねる.でも,犯人は答えない.そのときの気持ちをこう書いてある.

事実は事実として認めている.それで良いではないか.なぜ,そんなに知りたがるのだ.

(中略)

真実を知っているのは,私だけだ.第三者が知る必要もないことだった.私は今も,そう信じている.たとえ知ったとしても,彼らは理解しない.

なるほどぉ~.そうかもしれん.いや,確かにそうだ.理由なんて答えたところで,殺人という選択肢を持ったことのない人には,そう簡単には理解できない.それに,犯人自身が罪を認めて弁解する気もないのに,理由なんて必要なんだろうか?

敢えて言えば,殺された被害者には理由が必要だろう.自分がなんで死ななきゃいけなかったのかわからないなんて,辛いじゃん.

それから,受刑者が刑務所で過しているときの気持ち.

 受刑者は再犯率が高いという.当然のことだ.彼らの大半は,反省などしていない.いや,最初は反省もする,傷つけた人や,その家族,迷惑をかけた様々な顔を思って,大の男が肩を震わせて泣くことも,決して珍しくはない.

 だが,時間が止まっているような狭い空間で,彼らはやがて,自分ばかりが不当な扱いを受けているような意識を持ち始める.

そぉ~かぁ~.そうかもしれん.いや多分そうだ.閉じ込めてさえいれば反省して更正するなんて,やっぱりあり得ないよなぁ.閉じ込めるだけじゃダメなんだよ.

『慟哭』は,殺された男の立場で書かれている.こちらも,繰り返し繰り返しの手法.

この中で,だんだんと魂が抜けていく過程がうまく書かれていて,面白かった.作者の意図とは違うんだろうけど,自縛霊とかってこうやって生まれるのかなぁ~って思いました.

大きなストーリー展開がなくて,繰り返し繰り返し同じことを言葉を変えて書いてあるのが苦手なんだけど,最後まで読むと,それが良かったのかなぁ~とも思えたりした.

この小説を教えてくれたdaiくん!ありがとう♪(#^ー゜)v

次は,『オーデュボンの祈り』だね.・・・・ところで,これはあたし向きだと思う?

|

« 野茂投手おめでとう.そして,好きです.(*・・*)ポッ | トップページ | ひとりの人に愛されたい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近、本読んでないなぁ・・・。
少し本でも読むかなぁ・・・。

うーん、何がいいだろう?
多分この本だと、自分がどんどん沈む気がする、のでやめておいたほうが良いかも。

投稿: さじった | 2005.06.18 06:10

>さじったさん

確かにこの本だと,明るい気分にはなれないかも.
トリイ・ヘイデンの『シーラという子』とか,深刻だけどだんだん良くなっていく話で,面白いかもです.ノンフィクションがお嫌いでなければ,お奨めです.

投稿: とと | 2005.06.18 08:58

うんうん、これは、一つの事件を掘り下げて、心理描写を愉しむものなんだよね。

>受刑者は再犯率が・・・

これは本当そうだと思うなぁ。

前にドキュメントで見たんだけど、小さめの犯罪犯して収監された人が出所すると大きめの犯罪犯して再度される事があるらしいよ。

納得してくれた面、面白いと思ってくれた部分があって、薦めた者としては、ちょっとホッとしてます(笑)

トラックバックありがとね。

えーとね、ファンタジー要素が大丈夫だとすんなり入れると思うな。たぶん向いているんじゃないかな。

投稿: dai | 2005.06.18 10:13

お奨め、ありがとうございます。
本屋へ行く機会も減ってきているのですが、何とかゲットしてみようかと思います。

投稿: さじった | 2005.06.18 11:29

>daiくん

>薦めた者としては、ちょっとホッとしてます(笑)
↑そうだね~.人に何か薦めるときって,その反応にちょっとどきどきするよね.

あたしはお世辞は苦手なので,つい正直に言ってしまいます.(←仕事ではお世辞バンバン言ってますけど.完全に仕事と割り切ってますから)
それで相手を傷つけることも,過去,あったかもしれないです.それでも,自分に嘘ついて後々苦しむより,そのときに「これは,実はちょっと苦手かも」ってはじめに言っておいた方が,お互い楽だと思うんだぁ.だって好きでもない物を好きって言ってしまったら,その後もその人は,良かれと思ってずっとそういうものを奨めてくれるじゃんね.本でも食べ物でもさ.それは互いに不幸な展開だよね.

だからもしあたしがそういう反応しても,気にしないでね.「あっ,そうなの?」とスルーしていただけると,嬉しいです.でもって,反対にあたしが奨めたもの(映画でも本でも食べ物でも)が自分にはちょっとあわないって感じたら,遠慮せずに言ってね~.但しそのとき「こんなもの好きな人の気がしれない」とかは言わないでねぇ~.凹むから(笑).


>さじったさん

上に書いたdaiくんへのコメントにあるように,もしさじったさんの好みじゃなかったら無理せずに「自分の好みじゃないなぁ~」って言ってね.
あたしはあの本,大好きだけど,みんなが好きってこともないからさぁ~.(*^o^*)

投稿: とと | 2005.06.18 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/4599214

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~9~:

« 野茂投手おめでとう.そして,好きです.(*・・*)ポッ | トップページ | ひとりの人に愛されたい »