« 子育てに自信なんてないよ | トップページ | 半身浴読書~7~ »

2005.05.20

半身浴読書~6~

025283280000 トリイ・ヘイデン『幽霊のような子』読了.

トリイ・ヘイデンは障害児学級などで働いてきた人.自分が出会った子ども達のケースを,ノンフィクションとして書いている.

ノンフィクションだから,サスペンスのような謎解きもなければ犯人も出てこない.

でも幽霊のような女の子は,会話が出来るようになり,背中を丸めて歩かなくなり,里親の下に引き取られて今では,普通学級に通っている.

犯人も見つからないし,この子が受けていた性的虐待の全体像はよくわからなかったんだけど,彼女をとにかくその状況から脱出させることができたんだから,これでよかったんだよね.

こういう話にありがちな,『自分のプライベートを犠牲にしてひとりの子に尽くす』っていうのは感じられなくて,好感が持てます.やっぱり自分の生活がしっかりあることで,自分の健康も維持できるし,子どもにも全力でぶつかれるというもんじゃないかしら?

この人の本は,これで4冊目.一番初めに読んだ『シーラという子』がすごく面白くてはまってしまいました.

|

« 子育てに自信なんてないよ | トップページ | 半身浴読書~7~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/4210251

この記事へのトラックバック一覧です: 半身浴読書~6~:

« 子育てに自信なんてないよ | トップページ | 半身浴読書~7~ »