« ぼんやりしてたら・・・とうとう | トップページ | あたしははったりの女 »

2005.04.24

ないことも真実

時事を考えるさんとこで『プロマスコミの弱点』『プロマスコミの弱点Ⅱ』を読んだ.その中に,

取材に行く前に結論を決めている

ってありましたが,これはホントです.コメントを寄せられている人に,広報担当者の方がいらっしゃいましたが,あたしと同じように感じておられるようです.

「そうそう!特にテレビは顕著ですよね.」

例えば,今年は猛暑だったでしょ.すると,『○○が売れた』というストーリーで取材に来るわけです.でも実際に売り上げを調べてみると,前年とあまり変わらなかったりする.しかしそれじゃニュースになんないから,こっちも商品紹介の面もあるし,そんなら相手が望むような数字を探そうかってことになる.嘘はつかないけど,期間を区切ったり,数字を丸めたり,エリアを限定したりして,いい数字を見つけてくるわけです.

だけど,どうしてもストーリーが合わないときもある.そんなときに相手の真意をわからずに取材を受けちゃうと大変です.だから取材の依頼があったら,かなりしつこく中身を聞きます.それでお断りした取材も,結構あります.

そんなこと考えていたら,思い出しました.坂本弁護士一家が殺された事件.

このときTBSは坂本弁護士がオウム真理教に対して,法律で対抗していることを相手に知らせてしまっただけでなく,麻原が座禅で浮かぶというシーンを撮影に行ったのに,結局出来なくて(当然だけど),出来ないからそのシーンは放送しなかったわけです.

出来なかったという真実は,意図的に隠されたわけですね.

でも出来ると言っていたのに出来なかったんだから,もしストーリーが固定されていなかったら放送できたかもしれません.この事実を放送しようと思ったら,自然に『オウム真理教って何か変だ』とか『麻原は出来るといっていたことが出来ないじゃないか』というストーリーになったんじゃないか思うんです.

もし,このとき空中に浮かばない麻原の姿を放送することができていたら,オウム真理教の事件は違うものになっていたかもしれません.(~たら~かもは言ってはいけないことだと思うけど)

ないことも真実なんです.

最近では,スマトラ沖の地震と津波の災害の後,『幼児が連れ去られて人身売買されている』というニュースが多くの番組で言われていました.でもある日,フジテレビの朝の番組で「人身売買の話がありますが,事実としてそのようなことがあったとは確認されていません.人身売買が起こりかねないくらい混乱した状況だというのが,正確だと思う」って言ってるのを聞いて,あたしはその話の方がすっと理解できました.

『人身売買がある』って方が,ニュースとして扱いやすいのでしょうね.『人身売買はありません』じゃ,たとえ真実でもニュースにはならないということでしょう

↑でも本当はどっちだったのか,実は知らないんですけど・・・(-_-;)

|

« ぼんやりしてたら・・・とうとう | トップページ | あたしははったりの女 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ととさん、こんにちは∈^0^∋
情報もやはり、操作しているし、調査結果も都合の
良い結論に誘導していることは、良くあります。
 例えば、賛否ほぼ同数の時、賛成者が半分近くいま
す。と言うのと、反対者が半分近くいます。
 反対者が数%もいます。と反対者が数%しかいませ
ん。書き手は意図があり、読み手は疑ってかからなければいけませんね。
 スポーツ紙が典型なのですが、見出しで読ませる、
見出しで買わせることをしていますよね。
 本文を読んでみると、なーんだという内容だったり
します。日本の報道も、中道と言いながらも若干、
立場が異なっています。でも、大筋で同じ。
 必ず、反対の意見が存在するのですが、どうしても
面白い内容に傾倒してしまうのです。悲しいかな!
営業成績もありますしね。
 話が飛躍しますけれど、情報統制されると今の中国
や戦時中の日本になってしまう。
 「丸い卵も切りようで四角、ものも言いようで角が立つ」とか「人間の知性は明鏡ではなく、意志と感情で
曇った鏡である」(ベーコン)
 逆の立場で、考えることも必要だとつくづく思って
います。
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~

投稿: くまさん | 2005.04.24 10:38

>くまさん

世の中で起こっていることのほんの一部しか,あたしたちにはわからない.だから自分の中の正義感や道徳観って,大事だなと思います.報道されているからという理由で,闇雲に信じるのではなく,自分をいつもニュートラルな状態にしていたいと思ってます.

こうして報道を疑うことを学べるだけ,中国よりいい国にいると思ってます.(*^o^*)

投稿: とと | 2005.04.24 19:23

>取材に行く前に結論を決めている
マスコミ嫌いなミュージシャンがよく言ってますよね、
もう取材する前から全部話の進め方も決められてて、自分の考えと違うこと書かれちゃうって。
次元低くて申し訳ありませんが、例えばテレビのドキュメンタリー番組、そこまで行かなくてもちょっとしたコーナーでのクサイナレーションで、感動を!涙を!と押し付けがましく主張してたりすると、観てる方は冷めてしまいます。
でもそうやって話題を盛り上げないと、番組やってけない事情もあるんだろうなあ・・・って変な気を遣ってしまいます。

投稿: もりもり | 2005.04.24 23:41

>もりちゃん

番組作りにも,合理化が求められているんじゃないかなぁ~って思います.とくかく効率よく番組を作るには,ストーリーを作りながら,同時にアポを取りながら,って感じなので,途中でストーリーをかえると,他のひとにアポを取り直したりしなきゃなんないし,そうすると短時間で作れなくなっちゃうしね.合理化っていいことばかりじゃないんだよね.

投稿: とと | 2005.04.25 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ないことも真実:

» プロマスコミの弱点II [時事を考える]
4月6日に「プロマスコミの弱点」という記事を書きました、「取材に行く前に結論を決 [続きを読む]

受信: 2005.04.24 00:37

» 専門分野の複雑化 [時事を考える]
平成ホリエモン事件、マスコミvsブログなどいろんな議論がブログで交わされています [続きを読む]

受信: 2005.04.24 00:38

« ぼんやりしてたら・・・とうとう | トップページ | あたしははったりの女 »