« 初めての外回り営業 | トップページ | 子育てパパ応援してます »

2005.02.04

そういえば女医さんは少ない

昨日の記事に,こんなコメントいただきました.↓

>たしか医師国家試験に合格する三分の一は女性なんですよね。
ところが病院にいってもめったに女医さんにあいません。いったいどこに消えてしまうんでしょう。

|゜ー゜||。_。||゜-゜||。_。|ウンウン.確かに.

そういえば友達に,女医がいたっけなぁ~.二人も.

一言で言えば,家事や育児と医者の仕事を両立させるのは難しいということなんだと思うなぁ.友達の女医のうち,ひとりはフルタイムで国立病院の産婦人科にいるけど,夜勤あり,急な呼び出しありでした.でも彼女はすぐ近くに自分の両親が住んでいて,家事や育児はかなり助けてもらってた.恵まれてるよな~.

もう一人は,先輩医者の皮膚科医院でパートタイムドクターです.

医局制度の中では,いったんそこの医局を辞めてしまうと,子育て終了後にフルタイムで復帰というのは難しいみたい.それに,医局の指示は絶対という環境では,転勤命令が出てしまうと,困るし・・・・・.

そういえば,看護士や美容師の求人広告は見かけるけど,医師の求人って見ないよね.医局を辞めちゃうと,再就職が難しいのも頷けます.

医師と美容師って,実は似ています.あたしは昔,美容師してましたが,徒弟制度のような感じがとっても似てる.技術の習得も先生の技を盗むことからはじまるし,先生が違うと,アップ・着付け・メイク,どれも違うんだよね.一番似てるのは,先生が絶対であるっていうことかな?産婦人科の友達も,「似てる!」って言ってました.

どちらも究極の自営業だし,技術屋で,接客業だものね
でも!医師の友達に『接客業』って言うと,むっとされちゃうの.強烈なプライドと,接客業に対するかる~い優越感があるみたいだよ~.接客業は奥が深いんだけどなぁ.

|

« 初めての外回り営業 | トップページ | 子育てパパ応援してます »

仕事」カテゴリの記事

女の生き方」カテゴリの記事

コメント

ととさん、コメントありがとう。

ととさんのブログ、さらっと読ませていただきましたけど、文章のチカラがある人だなーと思います。
また遊びにきます。

で、とくに同感だったのが「パブロン」。
写真で見たら「パブロンSゴールド」ですか?
ぼくもこれは必携品。ちょっと怪しいときに飲むと、かなりの率で重い風邪にならずに来てます。
他のパブロンではダメでした。
ちょっと「効きすぎ」じゃないかと思うときもありますが…。

投稿: fujiking | 2005.02.05 11:59

>fujikingさん
コメントいただき,ありがとうございます.
おまけに
>文章のチカラがある人だなーと思います
こんな言葉までいただいちゃって・・・・
恐縮です.ハイ(^-^")/

パブロンはもちろん,ゴールドです.
そういえばこの記事にいただいたお返事で,ルル派とコンタック派は見つかりましたが,まだ,ベンザ派は発見できてません.

ベンザ派の人は,是非ご一報を!
ヾ(@~▽~@)ノ

投稿: とと | 2005.02.05 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/2807178

この記事へのトラックバック一覧です: そういえば女医さんは少ない:

« 初めての外回り営業 | トップページ | 子育てパパ応援してます »