« 決められない女 | トップページ | 悲しい気持ちです »

2005.02.02

勘九郎さんにみる危機管理

今回の事件で,勘九郎さんの会見はよかったなぁ~.中身がというより,そのタイミング.昨日は七之助さんも会見してたけど,もともと元気なさげな顔つきだし,色白なので,かなり深刻そうに見えて,これもよかった.

『子どもの事件に親は出なくてもいいのでは?』という意見や『それでも親の顔が見たい』という意見も出てるけど,べき論は別にして,この勘九郎さんの対応はいいお手本じゃないかしら?その結果,今朝の小倉さんの番組では,中村親子にかなり同情的でしたから.勘九郎さんは,自分がさっと出て頭を下げることで,自分のイメージも中村家や歌舞伎に対するイメージも,最小限のダメージで守ったんじゃないかと思う.

そういえば大昔,タクシー運転手を殴ったNHKの松平さんは「ストレスがあったから」などと言ってブーイングが起きてたし,次男の薬中事件で涙ひとつ見せず,突き放した言い方をした三田佳子さんも,会見の後,結構たたかれてませんでしたっけ?

テレビメディアの怖さを,勘九郎さんは肌で感じているんでしょうね.

('_'?)...ン?
そういえばテレビメディアの中心にいながら,そういうことが全くわかんない御仁もいたなぁ顧問に就任したり,次の日辞退したり・・・・・.かっこ悪いこと極まりない.

人間って,先に謝られるともうそれ以上言えないってことあるでしょ?普通の人間関係でもよくあるよね,こういうこと.

言い訳ばかりして自分のイメージ下げてる人,周りにいませんかぁ?

|

« 決められない女 | トップページ | 悲しい気持ちです »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勘九郎さんにみる危機管理:

« 決められない女 | トップページ | 悲しい気持ちです »