« 声フェチ? | トップページ | 家事も育児も仕事も »

2005.01.21

今日は凹んでます

子どもはいつか親の庇護から離れ,自立する.
親から離れようとするとき,親子の間で大なり小なり闘いがある.それが,反抗期かな?

その最後の反抗期の闘いのとき,親は決して子どもに勝っちゃいけない.外は危険がいっぱいの大海だと知っていても,危険を承知でその手を離してやらないといけない.もしそのとき,その手を離さなかったら,二度と親の元から巣立つことは出来ない.もし,離そうとする手を強く握り締めてしまったら,その小さい手は握りつぶされてしまう.

そう聞いていたけど,あたしは子どもの手を上手く離せるのか,自信がない.

今日は,大したことじゃないのに我を忘れて怒ってしまった.きっと醜い姿だったことでしょう.

|

« 声フェチ? | トップページ | 家事も育児も仕事も »

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

ととさん
元気出して、親は多かれ少なかれきっと通る道だよ。けしてととさんが特別醜いわけじゃないよ

我が家のお姫様は・・・
小さい頃からおとなしく、いい子に育ったと思っていた娘が変貌したのは中学を卒業した時からでした
おとなしい良い子なのは親の前だけで、親に隠れて・・・私の思っていた子ではなかった
私が小さい頃よく叩いていたので良い子に見せていただけだと思う

高校に入ってからどんどん自分を表に出すようになって、何か小言を言うとすぐに膨れて部屋に行っちゃう様になって、物に当たったりして、どうしたものかと思っていた頃、学校から(万引きをしたのでむかえにきてほしい)と連絡があり迎えにいったのですが、
その時お店の人に「親には言いたくないから学校に連絡して」と言ったそうです
私その時の初めて、自分が間違っていたことに気がついたの
(怒られるから)と理由で学校に・・・なんて
万引きをした事より親子の信頼の無いことのほうが悲しかった
謹慎中に色々話そうと思うんだけど、心を閉ざした娘は本音を話してくれない
「学校を辞めたい」「違う学校に行きたい」の一点張り
仕方なく、娘には「2学期いっぱいまで続けてその後辞めて受験をしていいから」と言って続けさせ、(その間に気が変わることを祈りました)

私は後悔がいっぱいで子育てにも自信をなくして《塩をかけられたナメクジ状態》で娘に強く言えない母親になっていました
結局2学期最後の個人面談で先生にお話して、辞めました。
4月から新しい学校に通うようになったけど、わがまま一杯の娘に耐えられなくて叩いたら
「それが気に入らん」と言って家出をして、(家出中は学校に行っていた、後で聞いたら先生も知っていて・・・ びっくりだよね)
10日程した頃主人に「手を上げたのは確かに悪いけど、それで家出?いつも私が悪者、あんたはいつも私がきついからおまえが娘を怒ったら俺は何にも言えんとか言うけど、もううんざりだ!あんたがちゃんと父親の役割をしてくれたら私だっていつも怒らんわさ、父親の役割が出来んのだったら離婚する」と出勤時に車の中で言ったら、帰りの車の中で「一日中考えた、ごめん俺は逃げとったな、ちゃんと父親の役割をするから」と言ったので娘の友達に電話して「一度戻ってくるように連絡して」とお願いした
戻ってきた娘は「お母さんが友達に電話したから皆がもどりゃあと言ったから戻ってきただけ、また出て行く、この家は息が詰まる」と言ったので、私は「好きにしたらいい、あんたが出て行ったら私たちも離婚する」「たった一人の子供もろくに育てられなくて家族とは言えないから、私たちも一緒に居ても意味が無いから」と言ったら
「私の為に離婚しんで」と言ったので
「あんたの為じゃない、あんたのせいだ」と言ったら「いつ出て行くかわからんけど、とりあえず家に居る」と言った。
実際は家出中に彼氏が出来て「家出するな」と言われたからだったの
2学期が始まってから学校へ行く振りをして私が出勤した後戻ってきてた
学校から休んでいることを知らされて初めて気がついて理由を聞いたら「やめたい、先生が期待しすぎるからいやだ」「もともと学校は嫌い、仕方なく行ってただけ辞めて働く」と言い出して・・・
「人も信じられないし、生きていても何にもならない、死にたい、いつも自殺することを考えてる」と泣き叫ぶ娘を見て
《人として大切なものを私のお腹に置いてきたみたいだ、子宮に戻してもう一度育てなおしたい》と本当に思ったよ 苦しんだなー

何度言い聞かせても《辞めたい》としか言わない娘に腹をくくって「辞めたければやめたらいい、その代わり親の言うことが聞けないのなら、もう16才だしこの家を出て自立して」と言ったら、
仕事を探し始めたり、間借りできる家を探してきたりして・・・
悲しくなっていつも神様に《どうか学業を続けさせてください》と祈っていました
学校の出席日数の加減もあったので期限を付けた最終の日、面接したところがだめになって本人も自立できないなのでとりあえず言うこと聞こうと思ったみたい

私も《行け行けと言うだけじゃなく、一緒に途中まで行こうと思い自転車を買って自宅から近鉄駅まで自転車乗って、近鉄で名古屋まで行って娘はJR、私は名鉄に乗って出勤》をはじめました
それでやっと学校へ行き始めてほっとしたのもつかの間、冬休みに入ってクリスマスイブに交通事故、1月9日に数学があと2日しか休めないので無理やり退院して通学することになりました
両松葉杖で、JRで名古屋から蒲郡まで通ってこれがまた大変で・・・
何度も学校の近くまで行ったりした。
本人もよくがんばったと思う
3月にも事件があってその後《変わったなー》と思っていたけど、
先日《このところお姑様のことで私が悩んでいて》娘に愚痴を言ったら、反対にたしなめられて、『お母さんの気持ちもわかるけど、ばあちゃんの気持ちもわかる、もっとやさしくしてあげたいと思うし感謝しなくてはいけないよね』と言われてしまった
私も「ありがとう、大切なことを忘れていたね」と言って泣いちゃった。
その時に、お友達とか学校の話をしてても『人を信じてみようと思うし、何か悪いことがあっても、自分のことを考えたら人を責める事が出来ない』
友達からよく相談も受けるらしくて『うちのおかあさんならこういうよ』と言うと『いいなーお家の人とそんな話が出来て』とよく言われ『親は子供のことをちゃんと考えてくれてるから親に相談したほうがいいよ』と言ってるらしい

娘のことで本当につらい2年間だったけど、それがあったから今の私たちが居ると思います

娘に振り回され、泣いたり叫んだり、落ち込んだりしたけど、私も親として少しは成長できたかな人として何が大切かを教えてあげられるのは親しか居ないと思う
私が反省したのは《子供は親の所有物じゃない、一人の人間で、親は成長の手助けをしてあげる人》ということでした
所有物的に見ると、自分の思いどうりにならないと腹が立つけど、成長の過程と思うとさほどむかつかない
 と言っても心の小さい私はいつも怒っていますが・・・
人への思いやり、まわりのものへの感謝の気持ち、
人は一人では生きていけない、助け合うことの大切さ、信頼できる友達を作ることなどを何度も言ってきた事が無駄では無かった。

信念を持って、やさしく話してあげたら、
今理解できなくても、時期が来たらちゃんとわかってくると思うよ
だってととさんの子供だもん

文章が長くて、下手でごめんね

投稿: なな | 2005.01.22 00:50

>ななさん
ありがとう.ほんとにありがとう.
行間にななさんの気持ちが詰まってる.じんときたよ.
ななさんの言う通り,子どもは自分の所有物じゃないよね.あたしもそう思ってる.でも,本当はおなかの真ん中でわかってないみたいだね.あたしは中学の頃,もっと厳しい親に育てられたけど,どっちかというと『絶対負けない』って親に対しても思うような子どもだったので,一度注意されたら絶対に同じことでは言わせないようにって思ってた.でもうちのおねえは,あたしとは性格が違うようで,何度もおんなじことやってしまう.そういうとき,あたしは昔に自分と比べてしまって,あの子の考え方とか聞いてやれなくなってしまうんだと思う.子どもは親の所有物じゃないし,性格も考えも違うんだってこと,体に叩き込まなきゃ.『成長の手助けをしてあげる人』にならなきゃ.
ありがとうね!また聞いてね!

投稿: とと | 2005.01.22 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/2650718

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は凹んでます:

« 声フェチ? | トップページ | 家事も育児も仕事も »