« ポトフ | トップページ | 家でビデオ~2~ »

2004.12.14

悩み Vol.2

これは『悩み』の続編です.

下の子の困ったこと.
月並みですが,靴隠しです.

先週の月曜日,片方の靴がなくなりました.
次の日(火曜日),下駄箱に雑巾が突っ込んでありました.
水曜日,砂がかけてありました.
それで,木曜日の朝.担任に電話.
状況を説明し,『しばらくの間,akkoが下校するとき一緒に下駄箱に行ってやってください.とにかくどんな感じなのか確認して欲しいし,先生がそこにいるのを見たら,やってる子もまずいかなぁって思って,自然に止めるかもしれないし.akko本人はそれほど深刻に考えてないようで,今の段階で犯人探しして欲しいとは思っていません.あまり騒いでも本人が嫌かもしれないので』

先生は木曜日に下駄箱に行ってくれたそうです.
でも,この日だけ.金曜日は行ってくれなかったみたいです.

木曜日・金曜日は何事もありませんでした.

昨日の月曜日.今度は靴の両方がなくなっていました.隠してあるわけじゃなくて,違う場所に動かされていたみたいです.でも,嫌じゃん!感じ悪いじゃん!

だから今朝,再び担任に電話.
『やってる子に心当たりはありませんか?言ってもらえたら,私が直談判します.もし,今よりエスカレートしたり,3学期になっても続くようなら,次の段階を考えます.先生も,この問題に集中して取り組んでください.』

さっきakkoに聞いたら,今日は異常なしとの返事.ε=Σ( ̄ )ホッ

学校・akko・近所の人の情報を総合すると,akkoのいるクラスはかなり落ち着かないクラスで,他の子の下駄箱にも箒が突っ込んであったり,砂がかけてあったりしたらしい.下駄箱以外にも,トイレにいたずらしてあることもあるそうです.

どうしたものか・・・・・.

名古屋にいた頃は,akkoの学年はとても落ち着いていて,友達もいっぱいいて,楽しそうだったなぁ.その分,おねえの学年は,学校始まって以来の荒れた学年で,中学の担任は3学期から不登校になりました.噂によると,職員室には登校していたらしい.そんな学校からこっちに来たら,おねえは,『この学校の子は,みんな髪の毛が黒いし,授業中に携帯が鳴らないよ』と言って,驚いていました.

幽霊になって,akkoのそばにずっといたいよ・・・・・・

|

« ポトフ | トップページ | 家でビデオ~2~ »

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

たとえ靴隠しでも色々考えちゃうよね
私は、「このままにしておいてこの先に何が・・・」とか「自分自身ならこう言ってやるのに」など
思いました

それでも、いつも(自分の子可愛さのエゴはいけない)と心の中で思って、
「いじめられるほうにも原因があるのだから皆と仲良くできるようにならなくてはいけないよ」と娘にも言い聞かせていたけれど、現実はもっと酷かったことが後になって解った時はすごいショックでした

娘は長い間、人を信じることが出来なくて、人間関係がうまくいかなくて
去年「自殺しようと思っていた」といわれた時には、私自身の今までの育て方、気づかなかったふがいなさを思って、もう一度子宮に戻して育てなおしたいと思い、大声で泣きました。
皆、同じだとは思わないけれど(あんな辛いことは、同じであって欲しくない)
親は子供の行く道に、たとえどんなに小さい石であってもどかしてやりたい気持ちを抑えながら、大きく暖かく見守らなくてはいけない時もあるから本当に辛い
子育ては《自分自身も親として成長すること》と知りました。
ととさん、もし自分だけで抱えているのなら、
家族と相談することも大切だと思うよ

投稿: なな | 2004.12.15 21:38

>ななさん

ありがとう.
今回のことは,ダンナには細かいことまで伝えてある.こういうことは,保護者側の真剣さがどこまで学校に伝わるかということも大切だと思うので,いざとなったらダンナを引っ張って行くつもりです.やっぱり,おかあさんが暴れるのと,おとうさんが暴れるんじゃ,迫力が違うからね.

ななさんもいろんなこと,あったんだね.
ななさんだけじゃないね.子どもを持ってるお母さんは,大なり小なり似たような事案にぶつかってる.でもきっと,これも一時的なものなんだと思う.思い起こせばあたしだって,いろんなことあったもんなぁ.親には絶対言わなかったし,知られたくなかった.akkoもきっと,乗り越えられると思ってる.家族が味方だもん♪その後ろには,力強いダイエッター仲間もいるしね(*^.^*)

投稿: とと | 2004.12.15 23:52

家族の中が暖かいと何が起きても
立ち向かう力がわいて来るよね
今の嵐が過ぎていくことを祈っています

投稿: なな | 2004.12.16 00:55

チビの時は、担任がどうしようもなくて、亭主連れて校長室に行きました。
現状を説明した後(その時私はかなり鼻息が荒かったのですが(苦笑))、校長と亭主と私で授業参観をしたのですが、その時、はじめて担任から「すいませんでした。」の言葉を聞きました。
夫婦揃った方が断然効果があるようです。

私は、それまで、担任の先生が解決してくれると甘い期待を抱いていたのですが、残念ながら、それを期待できない先生もいるのだと、昨年よく分かりました。

ととさんも、頑張って!

投稿: がんこ | 2004.12.16 09:55

>がんこさん

ダンナさんと一緒に学校行ったんだね.やっぱ,効果あるよねぇ~.
それにしても,その担任は自分の非(もしくは未熟さ)を認めて謝ったの?その後,問題は解決したのかな?
うちは,火・水・木と何事も起きていないみたい.先生からもお手紙もらったりしてるので,もう少し静観してみようかなと思ってる.

その後の経過も,ときどき記事にしてみます.よろしくね♪

投稿: とと | 2004.12.16 23:10

担任は、(年齢的にはベテランなんだけど)「力不足ですいません。」と謝ったよ。

それから、こちらの要望をかなえてもらったけど、(虐めていたグループの解散と席替え、話し合いなどなど)、チビはしばらく引きずってた。

先生には謝ってもらったものの、もともと先生としての能力が?という感じだったので、あまり期待もせず、何かあれば連絡帳に逐一書いて対処してもらったよ。
なんせ、こちらから連絡帳に書かない限り、何が起こっても連絡してくれない先生だったので。

何度も学校に足を運んだけれど、休み時間に子供達が先生に寄り付かないの。あんな先生初めて見たよ。

投稿: がんこ | 2004.12.17 00:37

あたしは、子供だったころの経験から
書くね~。
転校した当時、やっぱりいろいろいじめられて
母親が学校に乗り込んでいってくれたの思い出し
たよ。確か相手(が特定できたので)のうちにも
ぶっとんでいってくれたなぁ。
性格はAKKOちゃんと違うとは思うけど、今もそうしてくれた母親にはとても感謝してるわ。
やっぱり、、早いうちに気がついてくれて動いてくれたしね。

投稿: ぴー | 2004.12.18 17:22

>がんこさん

そうかぁ.
今年は先生が違うんだよね?
小学校時代は,先生の影響って大きいと思うよ~.

>ぴーちゃん

あたしもおねえのときは,速攻学校に行きました.相手の子にも,ド怒ってやりました.おねえの前で怒ったので,おねえはびっくりすると同時に,感情を表に出すことを我慢しなくてもいいのかなって思ったみたい.それからはおねえのほうは,転校してもなんとなく上手くやってる.あれは確か,おねえが3年から4年の頃だったので,いまのakkoと同じ頃.この頃が一番,そういう問題が起きてくる頃なのかもしれないなって思いました.

投稿: とと | 2004.12.19 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65923/2268033

この記事へのトラックバック一覧です: 悩み Vol.2:

« ポトフ | トップページ | 家でビデオ~2~ »